アパート経営についての資料請求はこちら

2017年03月28日

甘い言葉で・・・

 

先日、某ビジネス系出版社、N社T社の、アパート経営に関する取材があったのですが、

 

その中で、「 自己資金無しでも買えるのですか? 」

 

という質問がありましたので、少々。

 

 

結論から申しまして、「 お客様によっては、買えなくはない 」と言うことです。

 

年収も高く、預金も沢山あるのだけれど、使わないだけなのであれば

 

万一、逆ザヤに陥ったとしても、預金で補てんできます。

 

 

 

もし、本当に自己資金が無いのであれば、買ってはいけません。

 

例え融資が引っ張れたとしてもです。

 

 

借り入れが多いほど、当然返済額も増えるので、家賃収入に対する比率が

 

1対1に限りなく近づくと、1部屋空室や家賃下落で即赤字となります。

 

 

その時に預金がなければ、最悪生活費から補てんをしなければならなくなります。

 

返済は待ってくれません。

 

 

ですから、弊社では、最低でも1割程度は出せるように、

 

「 まずは頑張って貯めましょう。」とアドバイスさせて頂きます。

 

 

すると半分の方は、「分かりました。頑張って貯めます。」と理解して下さいますが

 

半分の方は、他社にて購入しているようです。

 

待っていられないのも分からなくはありません・・・。

 

 

ただ、私が心配しているのは、自己資金を出せない負い目から

 

営業マンに「NO」と、言えない立場の弱さ。

 

 

気に入っていなくても、「早くしてください」と言われると

 

断れなくなったり、例え断ったとしても、

 

次の物件を紹介してくれないのではないかと

 

不安になるので、結局は言われるがままに購入してしまいます。

 

 

「 自己資金無しでも買えますよ 」という甘い言葉の裏には

 

「 お金も出さずに、そんなにうまい話があるわけないだろう。」

 

 

という本音が見え隠れしているからか、

 

郊外だろうと、何食わぬ顔で販売しています。

 

 

お客様の弱み、負い目を上手く突いた「自己資金無し」。

 

将来に不安を残します。

 

 

 

ではこの辺で。

ブログ検索

2017年3月の記事

月別アーカイブ

本のご紹介

アパート経営ならアイケンジャパン