アパート経営についての資料請求はこちら

2017年12月08日

特徴

 

久しぶりの更新です。

 

 

今年も残すところ23日となりましたが、

 

仕事で車を運転する方は、どんなに忙しくても

 

落ち着いて行動されます様、お願い申し上げます。

 

 

又、インフルエンザが流行していますので、

 

手洗い、うがい、加湿、睡眠等に気を配り、

 

元気にこの冬を乗り越えたいものです。

 

 

 

と言う事で、今回は年末の挨拶に見えられた

 

業者様との話について少々。

 

 

「ちょっと待って!、もう売りに出てるの?まだ築2年なのに!!」

 

他社オーナー様のご自宅へ、挨拶に伺った時のエピソードだそうです。

 

 

ネットを見ていたら、ご自分所有の隣のアパートが売りに出ているので

 

びっくりされていたとの事。

 

3棟並びで販売されたので、直ぐに分かった様です。

 

 

「 入居者の入り具合が悪いので、早めに見切りを付けたのだろう。」

 

との事でした。

 

 

どれだけ不安になられた事でしょうか。お察しいたします。

 

 

中古市場に出回るアパートは、増える一方。

 

ましてや、この話の様に2~3年で売りに出るケースが目立ちます。

 

 

「 5年経過して、譲渡所得税が軽減されたら

 

売却しキャピタルゲインを得ましょう。」

 

等と言った、スキームが見事に崩れているのです。

 

 

自己資金無しで安易に買って、5年後のキャピタル狙いの様な

 

話には、乗ってはいけません。

 

そんなにうまい話は転がっていない事に、早く気づくべきです。

 

 

 

弊社は、1棟1棟の土地をかなり厳選し、値切り、

 

建物の図面も何度でも検討を重ね、

 

家賃設定は確実に入る家賃で、これならば成功するという

 

確信のあるものだけを事業化しています。

 

 

ですから、年間棟数は吟味する分限られてきますが、

 

その方が、買われたオーナー様からすれば

 

よりプレミアム感のある物件となりますので、

 

将来売却を検討される時も、強気に行けると考えられます。

 

 

ちなみに、弊社のアパートは11年の間に700棟程販売しましたが

 

売却されたのは4棟のみ。

 

 

当然各オーナー様、沢山のキャピタルを手にされていますが、

 

それでも売りに出すより、所有し続けた方が確実に収益を確保できるので

 

殆どのオーナー様が、売らずに持っていらっしゃいます。

 

 

「堅実なアパート経営」を推奨している弊社ならではの特徴です。

 

 

ではこの辺で。

ブログ検索

2017年12月の記事

月別アーカイブ

本のご紹介

アパート経営ならアイケンジャパン