アパート経営についての資料請求はこちら

2018年02月22日

嫁ブロック

 

先週土曜日には広島で、次の日は岡山にて

 

それぞれ、アパート経営セミナーを開催させて頂きました。

 

 

ご来場下さいましたお客様に、この場をお借りして

 

改めてお礼申し上げます。

 

誠にありがとうございました。

 

今後共、末永くお付き合いくださいます様、お願い申し上げます。

 

 

という事で、今回もセミナーネタを少々。

 

座談会に於きまして、お客様より質問されたのが

 

「 親族の反対に遭って話が前に進まない。

 

皆さんはどうなんでしょうか?

 

どうすれば理解してくれるのか困ってます。」と言うもの。

 

 

「良く有る話です。最初は皆さん反対されます。

 

親兄弟からの反対は、押し切れても

 

奥様からの反対だけは、受け止めるしかありません。」

 

 

と、お答えしました。

 

 

一般的に言われるのが、男性は夢を追いかけ、女性は現実的だという事。

 

毎日の生活費をやりくりしている奥様からすれば

 

「何、寝ぼけた事言ってるの!!」

 

となるのは当然です。

 

 

色んな投資話に対して、「そんなうまい話が有る訳ない」

 

と思っているのに、アパート経営となれば1度に何千万もの

 

借金を背負う羽目に陥るなんて、絶対に受け入れらません。

 

 

事実、巷では {アパート経営に失敗して多額の借金だけが残った}

 

といった、ニュースが溢れていますから、そんな記事を目にする度に

 

「どうして簡単に飛びつくんだろうね。この手の話に。」と

 

心で思いながら、我が家は絶対に引っ掛からないと再確認するのでしょう。

 

守らなければならない責任があるので、当然の事です。

 

 

 

ところで、私は最近弊社のオーナー様方とお会いする機会があり

 

何人かのオーナー様と、昔話に花が咲くのですが

 

やはり印象に残っているのが、俗に言う「 嫁ブロック 」の話。

 

 

「 最初は人前もはばからず大泣きして、大反対だった家内を横目に

 

当時は、半ば強引にアイケンさんのアパートを買ったんですが

 

それが今では泣いて喜んでますからね。嘘みたいです。

 

{ アイケンさ~ん次はどこ~? }って逆に催促してるからね~

 

信じられませんよ、全く。」

 

 

このオーナー様は3棟所有して頂いてます。

 

 

この様なエピソードが、多かれ少なかれご夫婦の間で

 

皆様お持ちの様で、昔を懐かしむ時には忘れられないのでしょう。

 

 

ご夫婦の力関係もあるのでしょうが、興味は無くても

 

理解してもらえる様になるまで、地道に話をし続ける他ありません。

 

 

ですが、本当に失敗は許されない不動産投資ですから

 

メーカー選びや物件選びは、くれぐれも慎重に。

 

 

後から「ほら見た事か!」と幾ら奥様に責められても

 

取り返しは付きませんから。

 

 

ではこの辺で。

 

 

ブログ検索

2018年2月の記事

月別アーカイブ

本のご紹介

アパート経営ならアイケンジャパン