アパート経営についての資料請求はこちら

月別アーカイブ: 2014年10月

2014年10月28日

賛否が分かれるのでしょうが・・・

私が20代前半、賃貸業界にお世話になっていたころの話です。お部屋を仲介した後、契約書や決済金を大家さんにお届けしてカギと交換する訳ですが、毎日いろんな大家さんにお会いしては昔話に花が咲いたり、世間話で盛り上がったりしておりました。

 

その時私は、時々聞いていたことがあります。それはどうしてアパートやマンションを持てたのですか?というもの。20代前半の若僧には、うらやましいやら、憧れやらでいろんな大家さんが雲の上の存在でした。

 

半分以上の方が、親から相続した土地に建てたというものでしたが、中には自分でコツコツ貯めて建てたという方もいらっしゃり、とても興味深く聞いていました。

私も将来、絶対アパートのオーナーになってやる、と心に決めたものです。

 

当時70歳くらいの方から言われた一言で、忘れられないものがあります。「中島君、私は頭がいいほうではないから、体を使うしかない。人が寝ているときでも仕事をし、遊んでいる時こそ仕事をし、知恵を使い頑張ったから今があるんだよ。お蔭で今は、家内と2人幸せな生活を送らせてもらってる。あなたも人並みじゃ嫌なら、そうやって頑張るしかないよ」と・・・若僧の私には、純粋にその言葉が、心と体にしみ込んだのでした。

 

それから、「でももう古いので、売るなり建て替えたりしないのですか?」と聞くと「冗談じゃない、自分が必死に稼いで建てたアパートを売れるわけないでしょ!一緒に歩んできた大切なアパートなのに。それに古くなって銀行の借り入れが終わった今からが、一番おいしい所なんだよ。入ってくるだけだから」。

 

「なるほど」と分かった風な口を聞き帰路につきました。その後8年位経って賃貸業界を卒業し、今のアパート建築販売業界の仕事に就きました。

 

以上のような経験から、私の個人的な考えですが独立したら、オーナー様が先に出てきた大家さんの様に「売らずにずっと所有し続けてもらえるアパートを販売しようと。もしくは他社物件は売却してでも弊社アパートは買い足してもらえるような、アパート創りをしよう。」。思い入れのあるアパート。空室に悩まないアパート。安定したアパート経営を行い、出来れば将来家賃収入だけで、充分生活していけるだけの収入を確保し、幸せな老後を送れるように。  まずは10年所有を目標にしてみては如何でしょうか。

 

3~5年で売却し、キャピタルゲインを狙うのもいいですが、買い替えが何度も成功する保証はどこにもありません。賛否両論あるのでしょうが・・・ 今日はこの辺で。

2014年10月24日

管理が大変?

この3年間で弊社は、支店を3店舗開設させて頂くことが出来ました。

之もひとえに皆様方からのご支援の賜物と感謝しております。

 

そこで、最近よく聞かれる質問があります。それは・・・

支店が増えると「人の管理が大変でしょ?目が届かないから」というもの。

「そうですねー大変です。」と答えてはいるのですが、すみません

「実はそんなことは全く有りません。」と答えたくてしょうがないんです。

 

少し自慢に聞こえるかもしれませんが、許してください。

弊社の社風といいましょうか、一切の派閥や、グループの様なものがなく

皆、純粋に仕事に集中することが出来ているので、見てない所でサボるような事無く

自分の責任をちゃんと果たしてくれています。

 

皆が仲良しですし、だからと言って、只の仲良しクラブでは困るわけですが、一人一人が自分の会社と仕事に誇りとやりがいを持ってくれているので、日々切磋琢磨しております。

そういう姿をずっと見てきましたから、私は社員を信じておりますし、財産だと思っています。

ですから「管理」という言葉に少し抵抗を感じるわけです。

 

20年以上のサラリーマン生活をしてきた私からみても、今の弊社は理想的な環境だなと実感しております。

最後まで自慢話になり誠に申し訳ありません。

今回はこの辺で。

 

 

 

2014年10月21日

お客様第一主義に徹するとは?

2回目にして真面目な話で申しわけ有りません。しかも長文になりますがお付き合いください。

弊社にとってお客様といえば当然アパートを買って頂くオーナー様であります。

そしてオーナー様にとっては、入居者様がお客様となるのではないでしょうか?

何故なら、入居者様からお部屋を借りて頂かなければ、アパート経営自体が成り立たないからです。

 

 

と言う事は、当然弊社にとっても入居者様がお客様となるわけですが、ではどういうものを創れば入居者様(お客様)の支持を頂けるかと言う事が、非常に大きなテーマとなります。

私は、前職、その前の前々職でも、営業としてアパートを販売しておりました。

 

約10年の経験から狭い部屋では入居者(お客様)から支持されないという結論に達しました。

当時は18㎡~22㎡のロフト付アパートを、とにかく売ることだけを考えて営業に集中していた訳ですが2~3年で入居者(お客様)が入らなくなります。

結果家賃を下げて何とか入居して頂きますが、次々に空くものですから満室を維持することが難しいうえ、当初の家賃収入から2割以上も減ってしまい オーナー様からお叱りを受ける。

 

この様なことから、独立した以上は決して同じ轍は踏まないように心に決め今日までやって参りました。

首都圏では例外なのでしょうが、地方都市では安易に、狭い1Kや1ルームに逃げ、売りさばくのではなく、難しくても広いお部屋で入居者様(お客様)から支持される、お部屋創りに撤する事が最終的に弊社のオーナー様のためになる

と分かっている以上、他に選択肢は有りません。

 

何故難しいかと申しますと、同じ土地でも 部屋が狭ければ8世帯 広ければ6世帯と部屋数が減る分利回りが落ちるため、より高いレベルでの土地仕入や間取りの工夫が要求されるからです。

お陰様で現在まで、1人も売られた方はおらず皆様堅実なアパート経営をしていただいておりますし、入居率も99パーセントを維持しております。

 

 

一口に、「お客様第一主義に徹する」と聞きなれたありふれた言葉ですが、その奥は深く簡単に口走れるものではないと感じる今日この頃です。

 

 

余談ですが前職当時のアパートも弊社にて責任を持って管理させて頂き、良いお付き合いをさせて頂いているオーナー様が何人もいらっしゃいます。

まだまだ この「お客様第一主義に徹する」というお題目では書き足らないことだらけではありますが、今回はこの辺で。

 

2014年10月18日

ブログ始めました

予てからご要望頂いておりましたブログを、いよいよスタートすることになりました。

私は、マメなほうではありませんので頻繁に更新というわけには参りませんが、

日常の出来事や感じた事など、気軽に 構える事無く綴って参ります。どうぞ宜しくお付き合いください。

 

まず初回は、弊社で今、ブームの如く社員の結婚が続いている件です。

この3年で6組結婚し、今年が11月に2組しますので計4組、更に来年は既に6組決まっています。

 

全社員40人足らずの会社ですから結婚率の高さにびっくりするやら、何よりめでたい事続きでうれしい限りです。

そして将来、ベイビーの誕生と続いていくのでしょう。すでに5人誕生していますので少子化の時代に貢献しています。

どんどん家族が増えてにぎやかになり嬉しい限りですが、その分責任の重たさを噛みしめる今日この頃です。

 

余談ですが、披露宴の祝辞は何度喋っても緊張します。しすぎて吐き気を催すほどです。

情けないやら、恥ずかしいやらで、毎回大変な思いをしております。

それではまた次回まで。

 

 

 

 

 

ブログ検索

2014年10月の記事

月別アーカイブ

本のご紹介

アパート経営ならアイケンジャパン