アパート経営についての資料請求はこちら

月別アーカイブ: 2016年10月

2016年10月31日

ちょっと一休み18

 

先日、久しぶりにお休みをいただきましたので

 

 

家内とドライブに出かけました。

 

 

 

玄界灘を、北上しましたので、その模様を少々。

 

 

最初は、糸島市の夫婦岩が有名な二見が浦海岸。

 

 

pict-DSC_1278

 

 

福岡市民の人気スポット、糸島半島の海岸線はサーファーも多く

 

 

お洒落なカフェも点在しています。

 

 

pict-DSC_1276

 

 

 

 

次に一気に北上し大しめ縄で有名な宮地嶽神社と、

 

 

pict-DSC_1261

 

 

その参道が、人気グループ嵐のCMで一躍有名になった光の道。

 

 

pict-DSC_1267

 

 

タイミングが合えばこの様な景色に。春と秋の何日間かだけとの事。

 

 

 

pict-pict-DSC_1270

 

 

 

最後は、宇宙がテーマの芦屋の砂像展と、

 

 

pict-DSC_1238

 

 

pict-DSC_1240

 

 

遠賀川沿いのコスモス畑。

 

 

pict-DSC_1249

 

 

pict-DSC_1246

 

 

秋ですね~。1年はあっと言う間です。

 

 

 

 

途中、岡垣の ぶどうの樹 で食事しました。

 

 

pict-DSC_1257

 

 

pict-DSC_1258

 

 

 

 

かなりハードなドライブでしたが、見どころ一杯の玄界灘エリア。

 

 

お時間有れば見に来てください。

 

 

 

では、短いですがこの辺で。

 

 

2016年10月25日

看板を使わないのは勿体無い

 

先日は岡山にてセミナーを開催いたしました。

 

沢山のご来場、誠にありがとうございました。

 

 

座談会も、熱気に包まれて有意義な時間になりました。

 

この、ご期待に添える様一層精進して参ります。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

と言う事で、毎度のセミナーネタでございます。

 

 

あるオーナー様より

 

「どうして多くのサラリーマンは、折角大企業で働いているのに、

 

その属性を使って、アパート経営を始めようと思わないのか不思議でなりません。

 

会社から使われっぱなしでは、割に合わないと思うんですよね。

 

年功序列も、終身雇用も何も保証されていない以上、

 

何時肩を叩かれるか、分からない時代ですから、

 

そうなる前に、自分の身は自分で守らなければなりません。

 

一番は、大企業に勤めている看板を使って融資を簡単に引っ張る事が出来、

 

日常は、始める前と何も変わらないアパート経営こそ、

 

もってこいの副業だと思うんですよ。」

 

 

 

「 確かにそうですよね。

 

ですが日本人は、他人の目を気にする人が多いから、

 

躊躇する人もいるんじゃないですかね。 」と私。

 

 

 

「 そんなこと関係ないと思うんですけどね。

 

私は全然、気にもかけた事ありません。

 

勿体無いじゃないですか、良い看板があるのに使わなきゃ。

 

使われるだけじゃ、やってられませんよ。 」

 

 

 

東証1部上場企業にお勤めのオーナー様の御意見でした。

 

 

最近は、副業と言うキーワードを良く聞くようになりました。

 

堅実なアパート経営、如何でしょうか?

 

 

 

 

ではこの辺で。

 

 

 

 

 

2016年10月20日

研修

先日は大阪の賃貸フェアーの応援に行って参りました。

 

沢山のご来場、誠にありがとうございました。

 

 

又、沢山のご依頼を賜りましたので、ご期待に添えます様精進して参ります。

 

今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

という事で、今回は先日、弊社社員に向けて行った研修についてお話します。

 

 

将来の弊社を担ってくれる、係長及び主任研修として全支店から20人を

 

福岡に集め、約4時間行いました。

 

 

始めに45分程ビデオ上映を行い、その後の3時間は私が話をしました。

 

内容は、将来のビジョン、目標等の話から、経営語録18か条の話まで。

 

 

私が日頃、どの様な考えで社員と接しているのか、又は経営を行っているのかを

 

直接伝えた事で、より一層お互いの理解が深まり、

 

向かうべき方向性もはっきりする事が出来、

 

とても充実した時間に成ったように思います。

 

 

お蔭様で弊社の社員数も、間もなく100人を突破しそうです。

 

そうなると、問題なのは一人一人との接する時間が、以前より短くなり薄くなりがち。

 

 

ですから、この研修の重要性を分かっていたつもりでも、

 

行った後の各社員の反応を見ると、改めて再認識させられました。

 

 

又、私が常に意識しているのは、自分が社長だからとふんぞり返るのではなく、

 

目の前の相手と同じ目線、同じ立場に立って考え、話すこと。

 

 

その癖を付けなければ、社員一人一人が今何を考え、

 

何に悩んでいるのかが見えて来ません。

 

的確なアドバイスを送る為にも、気持ちは30代のつもりで接する様に心がけています。

 

 

次回は、新入社員研修を行います。

 

20代のつもりで接する事が出来るか?

 

気持ち悪がられるだけかもしれません・・・・。

 

 

ではこの辺で。

 

 

 

 

2016年10月11日

サブリースに惑わされない

先日は、東京にてセミナーを開催いたしました。

 

ご来場下さいましたお客様、誠にありがとうございました。

 

 

アパート経営は初めてという方が多く、弊社の話を聞いて

 

「いろんなセミナーに出席してますが、一番安心できると感じました。」

 

とのお言葉を頂き、とてもありがたく、セミナーを開催した甲斐がありました。

 

今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

と言う事で、今回は、お客様からサブリースについての話題が出ましたので少々。

 

 

ようやく、サブリースについて、土地持ちの、お施主様への説明義務が課されました。

 

それにしても、抜け道だらけの法整備としか言いようがありませんが・・・。

 

 

私は、15年以上前の前職時代からお客様や金融機関に対し、

 

ずっと言い続けて来たことがあります。

 

 

「共同住宅を企画する時に、サブリースを提案しなければならない時点で、

 

既に失敗している。

 

{ 入居者が入らないのは分かっています。、その代わりに家賃を借り上げるので、

 

どうか建ててください。と言っているようなものでしょう。}と。

 

そして、サブリースなのだから建設費用が少々高くても文句は無いですよね。

 

金融機関さんも、サブリースが条件での融資と言われていますから。」と。

 

 

大手企業のサブリース案件の建設費は、かなりの高額。

 

補てんの意味もあるのでしょうか?

 

 

又、金融機関もサブリースが条件と言われれば、

 

お施主様も誤解して安心するのでしょう。

 

 

「金融機関さんもサブリースを条件と提示してくださった。

 

その道のプロが言うのだから間違いないでしょう。」と。

 

 

その結果、ニュースや新聞を賑わす、ご承知のような有様です。

 

 

私の考えは、サブリース等に惑わされなくとも、堅実なアパート経営を

 

実行でき、成功を掴んでいただくアパート経営のご提案です。

 

 

事実、弊社にてサブリースを選択されたオーナー様は1人のみ。

 

その物件も当然満室経営にて、既に10年経過しようとしております。

 

 

入居率が99パーセント以上を維持しておりますので、皆さま安心安定の

 

アパート経営を実践しておられます。

 

 

その成功のために、弊社では考えられる全ての事にこだわります。

 

簡単なことではありません、大変なことも多々あります。

 

 

それでも、こつこつと、地道に継続して頑張れるのは、喜んでもらえるお客様の笑顔、

 

それから、その仕事に携わっている事に、誇りを感じる弊社社員の笑顔。

 

益々、頑張らなければと、やる気が漲るのです。

 

 

ではこの辺で。

 

 

2016年10月03日

ライゼストシリーズ

「ライゼストシリーズは、福岡には建っていないでしょう?」

 

という質問を受けました。

 

その通り、確かにございません。

 

 

弊社8つのブランドの一つに、ライゼストシリーズがあります。

 

首都圏や大阪などの大都市圏のみ、限定販売とさせていただいております。

 

 

どの様な特徴があるのかと申しますと、首都圏等の土地の価格が高いエリアでは

 

当然に家賃も高いので、単身者の方にとっては、ある意味住みにくいといえます。

 

 

しかしながら、遠方には住めないという方へは、是非、

 

弊社ライゼストシリーズに、お住み頂こうと開発いたしました。

 

 

オーナー様にとりましても、都心に所有できるメリットがあるので

 

首都圏では主流になりつつあります。

 

 

一般的な1Kロフトタイプの場合、一部屋当たりの広さが10~12㎡なのに対し

 

弊社ライゼストは15~20㎡確保し、スキップフロアとし、

 

ロフトへは梯子ではなく階段で登れます。

 

立体的な空間の広がりが、狭さを感じさせない創りとしました。

 

 

また、一般的なアパートでは隣同士が壁一枚の為、音が筒抜けなのに対し、

 

ライゼストシリーズは、必ず水回り等で仕切る配置上の工夫もし、

 

上下階の防音は、弊社SVC構造にてぬかりありません。

 

 

当然、他社では殆ど見られない、オートロックシステムも完備。

 

スタートから、かなりの差別化を図り、追随を許しません。

 

 

建物の耐力は、独自のBSP構造と、どこを比較しても差別化された

 

弊社ライゼストシリーズを是非、ご確認ください。

 

 

 

ではこの辺で。

 

ブログ検索

2016年10月の記事

月別アーカイブ

アパート経営ならアイケンジャパン