アパート経営についての資料請求はこちら

2016年11月18日

若さ

 

先日、弊社の新入社員30人に対しての研修を行い、

 

「プロフェッショナルとは」とのビデオ上映を行った後、

 

私のサラリーマン時代のエピソードや、企業理念等を約2時間話しました。

 

 

殆どの社員が20代から30代前半なので、私も気持ちを若くして挑んだつもりですが

 

少し無理があったかもしれません。

 

 

又、弊社の新入社員は、中途採用の者が多いので、皆それぞれ前職時代と比較しながら

 

聞いてくれたのだと思います。

 

 

大学や専門学校を卒業し、ようやく社会人に成れたのにも係わらず

 

何らかの理由で、退職せざるを得なかった前職時代。

 

 

それぞれが色んなことを感じながらの延べ3時間半だったと思います。

 

私からすれば、笑いを交えながらも、話を聞いてくれている社員の目を見渡した時、

 

とても美しく輝いて見え、羨ましくも感じました。

 

 

将来に向けて、色んな可能性を秘めています。

 

いろんなチャレンジも出来ます。

 

 

経験値が浅い代わりに、若さという絶対的な武器がある今のうちに

 

沢山の経験を積み上げ、充実した毎日となるよう

 

1日1日を大切に過ごしていただきたいと願うばかりです。

 

 

将来の弊社を担ってもらう為にも。

 

 

ではこの辺で。

 

 

 

2016年11月10日

混乱

 

 

10日ぶりのブログ更新となり、お待たせいたしました。

 

 

昨日、不動産業者様より「トランプ大統領、大丈夫ですかね?」と聞かれましたので

 

 

私なりに感じている事を少々。

 

 

 

筋書き通りに行かないのが、世の常。

 

 

事前では、クリントン氏優勢との情報が流れ、楽観論が大勢をしめていました。

 

 

が、結果的にはトランプ氏となり、株価の異常な上げ下げを見ても、

 

 

市場の混乱が窺がえます。

 

 

 

 

只、私が思うには、トランプ氏の過激発言の裏には、大実業家ならではの、

 

アメリカ独特の交渉術が、見え隠れしているように思えます。

 

 

 

日本的に言えば、” 話半分 ” と言えば分かりやすいのでしょうか。

 

 

最初から、アメリカ国民も本当にメキシコとの国境に壁を造るとは、

 

 

思ってもおらず、ですがそこまで発言するのだから、その半分位の実績は

 

 

造ろうとしてくれるのではないか、と言った期待感を持てる人物に

 

 

写っているのでしょう。

 

 

 

トランプ氏自身も自覚している事でしょうから「アメリカファースト」、と言って

 

 

日本や中国に対しても過激な発言が目立ちましたが、

 

 

発言内容の半分位は、実際に要求してくると考えていた方が良さそうな気がします。

 

 

 

どちらにしても、実行力のある人物との評価が、市場の上下に影響している事だけは

 

 

間違いなさそうです。

 

 

 

 

いつもの事ですが、弊社の仕事は、その混乱に動じない

 

 

「堅実なアパート経営」 をご提案し、

 

 

お客様のご期待に応えるだけの事です。

 

 

今までもそうだったように、これから先もずっと。

 

 

 

 

ではこの辺で。

 

 

 

 

2016年10月31日

ちょっと一休み18

 

先日、久しぶりにお休みをいただきましたので

 

 

家内とドライブに出かけました。

 

 

 

玄界灘を、北上しましたので、その模様を少々。

 

 

最初は、糸島市の夫婦岩が有名な二見が浦海岸。

 

 

pict-DSC_1278

 

 

福岡市民の人気スポット、糸島半島の海岸線はサーファーも多く

 

 

お洒落なカフェも点在しています。

 

 

pict-DSC_1276

 

 

 

 

次に一気に北上し大しめ縄で有名な宮地嶽神社と、

 

 

pict-DSC_1261

 

 

その参道が、人気グループ嵐のCMで一躍有名になった光の道。

 

 

pict-DSC_1267

 

 

タイミングが合えばこの様な景色に。春と秋の何日間かだけとの事。

 

 

 

pict-pict-DSC_1270

 

 

 

最後は、宇宙がテーマの芦屋の砂像展と、

 

 

pict-DSC_1238

 

 

pict-DSC_1240

 

 

遠賀川沿いのコスモス畑。

 

 

pict-DSC_1249

 

 

pict-DSC_1246

 

 

秋ですね~。1年はあっと言う間です。

 

 

 

 

途中、岡垣の ぶどうの樹 で食事しました。

 

 

pict-DSC_1257

 

 

pict-DSC_1258

 

 

 

 

かなりハードなドライブでしたが、見どころ一杯の玄界灘エリア。

 

 

お時間有れば見に来てください。

 

 

 

では、短いですがこの辺で。

 

 

2016年10月25日

看板を使わないのは勿体無い

 

先日は岡山にてセミナーを開催いたしました。

 

沢山のご来場、誠にありがとうございました。

 

 

座談会も、熱気に包まれて有意義な時間になりました。

 

この、ご期待に添える様一層精進して参ります。

 

今後ともよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

と言う事で、毎度のセミナーネタでございます。

 

 

あるオーナー様より

 

「どうして多くのサラリーマンは、折角大企業で働いているのに、

 

その属性を使って、アパート経営を始めようと思わないのか不思議でなりません。

 

会社から使われっぱなしでは、割に合わないと思うんですよね。

 

年功序列も、終身雇用も何も保証されていない以上、

 

何時肩を叩かれるか、分からない時代ですから、

 

そうなる前に、自分の身は自分で守らなければなりません。

 

一番は、大企業に勤めている看板を使って融資を簡単に引っ張る事が出来、

 

日常は、始める前と何も変わらないアパート経営こそ、

 

もってこいの副業だと思うんですよ。」

 

 

 

「 確かにそうですよね。

 

ですが日本人は、他人の目を気にする人が多いから、

 

躊躇する人もいるんじゃないですかね。 」と私。

 

 

 

「 そんなこと関係ないと思うんですけどね。

 

私は全然、気にもかけた事ありません。

 

勿体無いじゃないですか、良い看板があるのに使わなきゃ。

 

使われるだけじゃ、やってられませんよ。 」

 

 

 

東証1部上場企業にお勤めのオーナー様の御意見でした。

 

 

最近は、副業と言うキーワードを良く聞くようになりました。

 

堅実なアパート経営、如何でしょうか?

 

 

 

 

ではこの辺で。

 

 

 

 

 

2016年10月20日

研修

先日は大阪の賃貸フェアーの応援に行って参りました。

 

沢山のご来場、誠にありがとうございました。

 

 

又、沢山のご依頼を賜りましたので、ご期待に添えます様精進して参ります。

 

今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

という事で、今回は先日、弊社社員に向けて行った研修についてお話します。

 

 

将来の弊社を担ってくれる、係長及び主任研修として全支店から20人を

 

福岡に集め、約4時間行いました。

 

 

始めに45分程ビデオ上映を行い、その後の3時間は私が話をしました。

 

内容は、将来のビジョン、目標等の話から、経営語録18か条の話まで。

 

 

私が日頃、どの様な考えで社員と接しているのか、又は経営を行っているのかを

 

直接伝えた事で、より一層お互いの理解が深まり、

 

向かうべき方向性もはっきりする事が出来、

 

とても充実した時間に成ったように思います。

 

 

お蔭様で弊社の社員数も、間もなく100人を突破しそうです。

 

そうなると、問題なのは一人一人との接する時間が、以前より短くなり薄くなりがち。

 

 

ですから、この研修の重要性を分かっていたつもりでも、

 

行った後の各社員の反応を見ると、改めて再認識させられました。

 

 

又、私が常に意識しているのは、自分が社長だからとふんぞり返るのではなく、

 

目の前の相手と同じ目線、同じ立場に立って考え、話すこと。

 

 

その癖を付けなければ、社員一人一人が今何を考え、

 

何に悩んでいるのかが見えて来ません。

 

的確なアドバイスを送る為にも、気持ちは30代のつもりで接する様に心がけています。

 

 

次回は、新入社員研修を行います。

 

20代のつもりで接する事が出来るか?

 

気持ち悪がられるだけかもしれません・・・・。

 

 

ではこの辺で。

 

 

 

 

2016年10月11日

サブリースに惑わされない

先日は、東京にてセミナーを開催いたしました。

 

ご来場下さいましたお客様、誠にありがとうございました。

 

 

アパート経営は初めてという方が多く、弊社の話を聞いて

 

「いろんなセミナーに出席してますが、一番安心できると感じました。」

 

とのお言葉を頂き、とてもありがたく、セミナーを開催した甲斐がありました。

 

今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

と言う事で、今回は、お客様からサブリースについての話題が出ましたので少々。

 

 

ようやく、サブリースについて、土地持ちの、お施主様への説明義務が課されました。

 

それにしても、抜け道だらけの法整備としか言いようがありませんが・・・。

 

 

私は、15年以上前の前職時代からお客様や金融機関に対し、

 

ずっと言い続けて来たことがあります。

 

 

「共同住宅を企画する時に、サブリースを提案しなければならない時点で、

 

既に失敗している。

 

{ 入居者が入らないのは分かっています。、その代わりに家賃を借り上げるので、

 

どうか建ててください。と言っているようなものでしょう。}と。

 

そして、サブリースなのだから建設費用が少々高くても文句は無いですよね。

 

金融機関さんも、サブリースが条件での融資と言われていますから。」と。

 

 

大手企業のサブリース案件の建設費は、かなりの高額。

 

補てんの意味もあるのでしょうか?

 

 

又、金融機関もサブリースが条件と言われれば、

 

お施主様も誤解して安心するのでしょう。

 

 

「金融機関さんもサブリースを条件と提示してくださった。

 

その道のプロが言うのだから間違いないでしょう。」と。

 

 

その結果、ニュースや新聞を賑わす、ご承知のような有様です。

 

 

私の考えは、サブリース等に惑わされなくとも、堅実なアパート経営を

 

実行でき、成功を掴んでいただくアパート経営のご提案です。

 

 

事実、弊社にてサブリースを選択されたオーナー様は1人のみ。

 

その物件も当然満室経営にて、既に10年経過しようとしております。

 

 

入居率が99パーセント以上を維持しておりますので、皆さま安心安定の

 

アパート経営を実践しておられます。

 

 

その成功のために、弊社では考えられる全ての事にこだわります。

 

簡単なことではありません、大変なことも多々あります。

 

 

それでも、こつこつと、地道に継続して頑張れるのは、喜んでもらえるお客様の笑顔、

 

それから、その仕事に携わっている事に、誇りを感じる弊社社員の笑顔。

 

益々、頑張らなければと、やる気が漲るのです。

 

 

ではこの辺で。

 

 

2016年10月03日

ライゼストシリーズ

「ライゼストシリーズは、福岡には建っていないでしょう?」

 

という質問を受けました。

 

その通り、確かにございません。

 

 

弊社8つのブランドの一つに、ライゼストシリーズがあります。

 

首都圏や大阪などの大都市圏のみ、限定販売とさせていただいております。

 

 

どの様な特徴があるのかと申しますと、首都圏等の土地の価格が高いエリアでは

 

当然に家賃も高いので、単身者の方にとっては、ある意味住みにくいといえます。

 

 

しかしながら、遠方には住めないという方へは、是非、

 

弊社ライゼストシリーズに、お住み頂こうと開発いたしました。

 

 

オーナー様にとりましても、都心に所有できるメリットがあるので

 

首都圏では主流になりつつあります。

 

 

一般的な1Kロフトタイプの場合、一部屋当たりの広さが10~12㎡なのに対し

 

弊社ライゼストは15~20㎡確保し、スキップフロアとし、

 

ロフトへは梯子ではなく階段で登れます。

 

立体的な空間の広がりが、狭さを感じさせない創りとしました。

 

 

また、一般的なアパートでは隣同士が壁一枚の為、音が筒抜けなのに対し、

 

ライゼストシリーズは、必ず水回り等で仕切る配置上の工夫もし、

 

上下階の防音は、弊社SVC構造にてぬかりありません。

 

 

当然、他社では殆ど見られない、オートロックシステムも完備。

 

スタートから、かなりの差別化を図り、追随を許しません。

 

 

建物の耐力は、独自のBSP構造と、どこを比較しても差別化された

 

弊社ライゼストシリーズを是非、ご確認ください。

 

 

 

ではこの辺で。

 

2016年09月27日

耐震

先日お客様より、

 

「最近は、日本中どこでも地震が起こっていますが、

 

アイケンさんは、ホームページを拝見しますと、

 

地震対策に、力を入れているような気がしたのですが、如何ですか?」

 

と、質問をいただきました。

 

 

確かに、弊社では7月以降の販売分から今までの耐震性能から

 

一段と性能を強化致しました。

 

 

簡単に説明しますと、独自のBSP構造により、

 

まず地震による揺れを、基礎ゴムが軽減します。

 

免震の役目を担います。

 

 

それでも伝わってくる揺れに対し、筋交いが建物本体を守ります。

 

平均的には、建築基準法の2~3割増しの筋交いを配置しております。

 

 

更に、ハイパーハードという耐震ボードを建物全体に効率よく配置する事により

 

より一層の耐震性に優れた建物へと変身。

 

 

将来予想されるであろう、大地震やスーパー台風等の自然災害から建物を守ります。

 

建物は、デザイン性も大事ですが、強くなければなりません。

 

 

大切な財産、備えあれば患いなしです。

 

 

ではこの辺で。

 

2016年09月20日

ちょっと一休み  17

 

 

久しぶりのちょっと一休みです。

 

昨日までの3連休で、軽井沢、草津、鬼怒川の旅に行って参りました。

 

 

6月の社員旅行で北海道へ行った時に、社員及び現場工務店様より、

 

10周年のお祝いにと、旅行券を頂いたので、早速使わせていただきました。

 

 

久しぶりに、家内と2人だけの旅。

 

お陰様で、3日間喧嘩する事も無く、楽しい旅になりましたので、

 

感謝感謝でございます。

 

 

という事で、少しだけ・・・。

 

 

 

昼過ぎに軽井沢駅到着

 

pict-DSC_1058

 

 

 

お蕎麦が美味しい川上庵

 

pict-DSC_1059

 

 

 

聖パウロカトリック教会

 

pict-DSC_1062

 

 

3時間程散策し

 

レンタカーにて草津へ向かう途中の白糸の滝

 

pict-DSC_1067

 

 

草津と言えば湯畑

 

pict-DSC_1078

 

 

ホテル内の湯もみ体験

 

pict-DSC_1074

 

 

 

 

次の日は鬼怒川へ向けて出発

 

 

 

途中の中禅寺湖と、華厳の滝は写真がありませんが雄大でした。

 

pict-DSC_1085

 

 

 

 

日光東照宮は長い行列に早々と諦め

 

pict-DSC_1090

 

 

 

4時過ぎには、2日目のホテルへ到着

 

pict-DSC_1093

 

 

 

最終日は宇都宮へ向かう途中のワールドスクエアへ

 

pict-DSC_1110

 

 

 

細やかさにびっくり

 

pict-DSC_1127

 

 

 

近郊の方以外は、意外と穴場スポット? 大谷石の坑内見学

 

pict-DSC_1183

 

 

 

期待以上のスケール

 

いろんなイベントや撮影に使われる場所

 

pict-DSC_1177

 

 

 

以上、東照宮とワールドスクエア以外はタイミングよく雨も止み

 

台風接近にも係わらず、帰りの飛行機も揺れずに福岡空港へ着陸。

 

 

お蔭様で良い思い出が出来ました。

 

気持ちもリフレッシュさせていただきましたので、

 

又、今日から仕事頑張る事としましょう。

 

 

 

ではこの辺で。

2016年09月15日

管理次第

8日ぶりの更新です。

 

 

先日、四国は高松に出張して参りました。

 

夕方着いて、翌日の朝には発ちましたので、何一つ見学できませんでした。

 

栗林公園へ行けなかったのが残念でなりません。

 

次回は、プライベートでゆっくりと、回ってみたいと思います。

 

 

と言うことで、今回はオーナー様からのお話で、管理に関する事です。

 

「 他社で管理をお願いしている物件があるのですが、

 

アパートが古くなると、決まりが悪くなりました。

 

空室が増えてきたので、困っていたのですが、ある日

 

担当の人が、勝手に家賃を下げて募集し、申し込みまで貰ってたんです。

 

何の相談も無くです。

 

事後報告では困ると怒っても何食わぬ顔、どう思いますか? 」

 

と言ったもの。

 

 

「酷い話ですね。」としか、言いようがありません。

 

決めなければという使命感は理解できるのですが・・・。

 

 

例えが適切かどうか分かりませんが、タクシーに乗車したお客の立場で考えますと

 

何の報告もなく、勝手に遠回りをされ走行料金を上げられたり、

 

又は、渋滞しているのに、「回り道しましょうか?」等の相談もなく

 

急いでいると告げてるのに、ぼーっと運転だけしているような状況だと、

 

怒りたくなるのも無理は有りません。

 

 

管理の仕事も同じで、上記の様な事後報告はもってのほか、

 

空室を急いで埋めてほしいとお願いしているのに、何の手も打ってくれない、

 

もしくは担当者から何の相談も無い様では、やる気が無いとしか考えられません。

 

 

どんなに物件力が有ろうと、生かすも殺すも管理次第です。

 

どんなに大型のタクシーに乗ろうと、運転手がダメならダメなのと同じ様に、

 

管理会社やその担当によって、入居率や家賃下落率は全く違うものになってしまいます。

 

 

「 管理なんてどこも同じでしょう。」と、考えているお客様は多くいらっしゃいます。

 

実際には、全然違うものだという事を認識され、どこに依頼するのか検討された方が

 

上記のオーナー様の様な、悔しい思いをせずに済みます。

 

 

建物の寿命が来る日まで、管理はつきもの。

 

慎重な判断が求められます。

 

 

ではこの辺で。

 

ブログ検索

最新記事

月別アーカイブ

本のご紹介

アパート経営ならアイケンジャパン