当サイトはJavaScriptで最適化されております。JavaScriptをONにして御覧ください。

少ない資金でも土地がなくてもできるアパート経営で年収アップ!

耐震に配慮したつくり

アイケンジャパンは、土台と基礎の間に設置する“キソゴム”、耐力壁“ハイパーハード”を使用した独自のBSP構造(Basic rubber Seismic board Protect)をすべてのアパートに導入し、地震によるアパート倒壊のリスクを低減していきます。

キソゴム

木造住宅の土台と基礎の間に設置する積層ゴム使用の“キソゴム”は、時刻歴波形のように建物に伝わる揺れを軽減し、大切な家や生命を守ります。

また、“キソゴム”が振動や衝撃を吸収することで、新築時の剛性を維持させ、建物の長期的な耐震性能をサポートします。

キソゴムは地震による建物の揺れを最大30%~50%軽減します。(キソゴムなしと比較)

耐力壁

アイケンジャパンのアパートは地震時の横揺れ、台風時の横からの強風などに耐えられるように、耐力壁を多く使用しており、建築基準法で定められている基準の約1.3倍の強度を備えています。
耐力壁とは
木造の建物において骨組となる柱・土台・梁を組んだだけでは簡単に変形してしまいます。
そこで、(1)柱と柱の間に斜めの突っ張り棒となる「筋交い」を入れるか、(2)軸組全体にボード等(構造用面材という)を釘留めして、変形しないようにします。このように変形に抵抗するような壁のことを耐力壁といいます。
画像提供:吉野石膏㈱
アイケンジャパンで使用している耐力壁
アイケンジャパンのアパートは強い揺れに耐えられるよう、筋交いを多く入れています。 筋交いは、柱と柱の間にたすき掛けに(クロスするように)施工しており、 筋交いの端は筋交いプレートにより柱にしっかり留めています。これにより耐震の効果が高まります。

さらに、ハイパーハード(構造用面材)を柱や梁にビス留めすることで、地震や台風による横揺れからアパートを守ります。

ページトップに戻る