アイケンジャパン

BLOGスタッフブログ

  1. トップページ
  2. スタッフブログ
  3. 皆様、【献血】の経験はございますか?

STAFF BLOG

皆様、【献血】の経験はございますか?

2021年10月11日

こんにちは、大阪支店です。

皆様、唐突ではありますが【献血】の経験はございますか?

 僕自身、初めての【献血】は20歳で建築の専門学校の卒業設計提出日でした。
徹夜明けで食事も取れていない状態で本来は献血対象者にならないはずでしたが、
自身の血液型も知らないなか簡易検査で(AB型)と判った途端にパックの飲料を
3つも渡されて(買収?)献血バスに送り込まれ献血をすることに。

 その後20代前半では積極的に献血することはありませんでしたが、父が定期的に
「献血結果」をサービスで受けていたので、なんで?と聞くと[タダ]で『血液検査』
して貰ってる…と。

 注射の(苦痛)ではなく(自身の健康管理)に、と物事の捉え方や考え方ひとつなんだ
なと改めて考えることのきっかけとなりました。

 また当時は阪神淡路大震災の後で『ボランティア活動』の創成期でもあり僕自身、
気軽に出来る「ボランティア&血液検査による健康管理」と捉えその頃より定期的に
【献血】をするようになりました。

 以前ですと(200ml)か(400ml)の全血献血がメインでしたが、30代の頃から
(血漿)か(血小板)の(※ 成分献血 が出来る施設(献血ルーム)が増えてきたので
選択肢が増え、最近は成分献血が多くなりました。

 (※ 成分献血
   血液を遠心分離器で(赤血球)と(血漿・血小板)分離し(赤血球)を体に戻すことが
  出来る献血です。
  献血後の予後は軽いですが個人差もあります、また時間(2時間程)が掛かります。

  https://www.jrc.or.jp/donation/ ← 詳しくは日本赤十字(献血について)を参照して下さい。

  関西の献血ルームでは、各ベッドでテレビを視聴やWiFi環境も整っておりますし、週刊誌
  や情報誌、新聞や漫画も施設によって揃えてありますので、時間つぶしが出来ます。

 最近はペースが落ちましたが、今後も定期的に『血液検査&健康管理』として続けていこう
と思っております。

(コロナの影響で献血が減っているそうです、皆様も機会があれば【献血】よろしくお願い致します)

以上、大阪支店からでした。

216

入居率99%以上の高い実績 土地がなくてもできる! アパート経営という賢い選択 アイケンジャパンは安定した収入・資産形成ができる『アパート経営』をご提案します

最新記事

月別アーカイブ

弊社最新パンフレットと代表中島著書書籍、「アパート経営成功の秘訣55」をお送りします! お申込みはこちら 無料 弊社最新パンフレットと代表中島著書書籍、「アパート経営成功の秘訣55」をお送りします! お申込みはこちら 無料