株式会社アイケンジャパン

中島厚己と
堅実な仲間たち

Atsumi Nakashima and solid friends.

株式会社アイケンジャパン 代表取締役社長 中島 厚己

2019年08月08日 中島 厚己

年金問題

 

3か月ぶりで申し訳ありません。  

 

このところ、謝ってばかりのブログ更新です。

 

 

   今年に入り今まで以上に、セミナーに没頭している日々ですが  

 

毎回やりがいを持って行っていますので、楽しくてしょうがありません。

 

ご来場下さったお客様には、この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

  誠にありがとうございます。今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

    現在迄66回行いました。残り34回、目標の100回達成に向けて

 

  全国を飛び回りたいと思いますので、お近くでの開催の時は  

 

是非お気軽にご来場くださいませ。   お待ちしております。

 

 

    という事で、最近よく聞かれる年金2000万円問題について

 

  個人的な考えを、箇条書きでお話しさせていただきます。

 

 

    将来、2000万円足りないと言いだした要因の一つには

 

人生80年から100年時代となり、寿命が20年延び

 

その分1回当たりの支給額を減らさなければならないし、

 

支給年齢も75歳からと言い始めたため。

 

 

  ですが生活水準は人それぞれですし、もらえる年金額も違うので  

 

一概には言えないという事ですが、

 

このブログを読んでいただいている方は

 

アパート経営に興味がある方々と思いますから、

 

将来人並み以上の生活を送りたいと思われている前提で お話し致します。

 

 

と言いましても、飛び切り贅沢をすると言う訳でもなく

 

例えば、奥様であれば2ヶ月に1回は美容室にも行きたいですし

 

お友達にランチを誘われたら断りたくありません。

 

その為には、季節の変わり目にはブランド物では無くていいので

 

お洋服も新調したくなります。

 

 

ご主人は、月に1~2回は趣味のゴルフや釣りなどにも出かけたいですし

 

友人から飲み会に誘われたら、せめて2回に1回は顔を出したいものです。

 

 

またご夫婦では、近場でいいから年に1~2回は温泉旅行にも

 

行きたくなって当然。

 

 

歳を取って迄お金の事で夫婦喧嘩はしたくありません。

 

 

この程度の話なのですが、不自由なく暮らそうと思えば

 

年金だけでは、足りないとなるのです。

 

 

では何故このタイミングで2000万円足りないと言ったのか?

 

 

私なりの感想です。

 

1、投資に関心を持たせる為

 

2、タンス預金を引き出させる為

 

3、外国に比べて日本人の投資に対するネガティブな考えを弱めさせる為

 

4、お金が動く事で景気対策の1つとする為

 

5、投資信託等を活発にする為

 

6、ゼロ金利政策により厳しい環境の金融機関の収益源作りの為

 

7、将来万一年金破綻が起きても責任回避をする為

 

と言った所でしょうか。

 

 

ですが想定以上のバッシングを受けて今回のような 結末になった訳です。

 

 

強固な安倍政権下の内に、将来の懸案事項を発信しても

 

問題ないだろうとの思惑も働いていると思います。

 

 

火消しに躍起になっていましたが、否定するほど

 

年金制度そのものが怪しく思えてなりません。

 

 

いずれにしましても、我々は振り回されない事。

 

年金だけでは足りない事は事実である以上

 

何に投資するのが間違い無いかを見極める事が、

 

非常に重要です。

 

 

今回はこの辺で。

 

 

 

PS

 

5年間に渡りブログを書いてまいりましたが

 

最近の更新頻度の低さを見てもお分かりの様に

 

中々難しくなりました。

 

今後は私だけの社長ブログから、

 

弊社取締役も巻き込んだ 役員ブログへと変更させて頂きます。

 

私自身も4ヶ月に1度は更新するつもりでおります。

 

ので、今後共引き続きご愛読いただきます様 お願い申し上げます。          

資料請求はこちら

ブログ検索

最新記事

投稿者

月別アーカイブ

資料請求 ご相談・お問い合わせ