アパート経営についての資料請求はこちら

2016年01月20日

入居率

 

最近、アパート経営が流行っているとよく言われます。

 

私個人の感想は、以前とそんなに変わらないように思うのですが。

 

 

よく言われる、ゼロサム時代。

 

コップ一杯の水の奪い合いなのではないでしょうか?

 

 

只、以前より、業者の勝ち組と負け組に分かれているようには感じますし、

 

各都市における、地域性の違いも有るようにも思います。

 

 

そんな中、今回お話しする事は、非常に重要です。

 

流行りに流されて、始めるような安い買い物ではないだけに

 

購入時の参考にして頂ければ、幸いです。

 

 

 

今回の話は、入居率について。

 

 

 

弊社に限らず、同業他社の殆どが高い入居率を掲げ、

 

新築アパート経営を始めれば   皆成功するようなイメージを持たれがちです。

 

 

本当にそうであれば、ネット上に失敗談が溢れる事も無いはずですが、

 

実際は ネガティブな話が、後を絶ちません。

 

 

では何故、そうなるのかと言えば、もうお分かりかと思いますが

 

殆どの業者の入居率が、お客様に誤解を与えているからです。

 

 

一見すれば、常に97~99%を維持し続けているように捉えがちです。

 

お客様からすれば、堂々とトップページに目立つように出しているのですから、

 

当然そうだろうと思われても無理は有りません。

 

 

ですが、実態は必ずしもそうではありません。

 

業者によっては、過去の実績であったり、

 

又は3月末の一瞬の入居率であったりと、まちまち。

 

 

今現在の入居率ではないのです。

 

ですから、大丈夫と信じて購入したにもかかわらず、

 

話が違い過ぎると   クレームが溢れます。

 

 

見切ったオーナー様は損切りも覚悟で売却しますが、

 

中古市場に、自社物件を溢れさせると信用にかかわりますので

 

社内に、仲介部門を創り、内々でさばきます。

 

仲介料収入も入り一石二鳥です。

 

 

又、いくら満室といわれても、家賃が下落したのでは意味がありません。

 

5年で25%下落すれば、常に1~2室が空室状態と一緒。

 

こうなれば、ほぼ逆ザヤ。   売却もやむを得なくなるのです。

 

 

私が危惧するのは、そのようなオーナー様が増えることによる、

 

この業界全体の    イメージダウンです。

 

 

売れれば良いというやり方は、いずれは自分で自分の首を絞めるようなもの。

 

 

如何でしょうか。

 

 

 

ちなみに弊社の状況はと申しますと、

 

12月末現在の入居率は99.4%。

 

 

設立以来、約400棟ほど販売させて頂きましたが

 

今までに売却されたのは昨年、築年数10年の1棟のみ。

 

 

その理由も、空室だからではなく、キャピタルを得るため。

 

当時の販売価格より400万程高く売却され、

 

○○○○万円もの売却益を得ました。

 

 

約10年間での販売棟数が400棟ですから、決して多くはありませんが

 

それは、どこよりも厳しく土地を厳選し、

 

間取りや設備に家賃設定など   どこよりも厳しく、企画するからです。

 

 

 

入居率99%を切らないために。

 

 

 

ではこの辺で。

ブログ検索

2016年1月の記事

月別アーカイブ

本のご紹介

アパート経営ならアイケンジャパン