アパート経営についての資料請求はこちら

2017年05月08日

老後破産・・・

永かったゴールデンウイークも終わりました。

 

皆さま、充実したお休みとなりましたでしょうか?

 

 

私はリフレッシュしすぎるくらい、ゆっくりとさせて頂きました。

 

今日からは、仕事に集中して参りたいと思います。

 

 

と言う事で、今回はゴールデンウイーク明けに話すには少々厳しい内容ですが

 

お題目にもありましたように、老後破産とならないように、

 

如何にしてアパート経営を行うか。

 

 

特に読んで頂きたいのが、年収600万以下の20~30代のサラリーマンの方々。

 

私の実体験を通してお話します。

 

 

私が初めてアパートを購入したのが33歳の時。

 

サラリーマン時代です。

 

 

その3年前の30歳の頃の私の年収は、税込みで500万前後。

 

子供3人を抱えていましたので、貯蓄もままならず100万円足らず。

 

 

当時の私は、「このままでは10年後の40歳でも貯蓄が200万位にしかならない」

 

と、途方に暮れていました。

 

 

そこで以前から興味を持っていた、アパートを買いたくて仕方ありません。

 

アパート経営を始めれば、自分の年収の少なさを、家賃収入で補てんできるからです。

 

 

又、私は20代の賃貸ショップ時代に、沢山の大家さんから

 

アパート経営の魅力を聞かされていましたので

 

「必ず自分も大家になる」と心に決めていたのです。

 

 

そして30歳の時に「その時が来た」と、勝手に思い込んだ私は、

 

その後の毎日の生活が一変します。

 

 

取り敢えず3年間で500万の自己資金を貯める計画を立てました。

 

その為には、まず吸っていた煙草を止めました。以来20年続いています。

 

 

宅建の資格を1年で取り資格手当を増やし、日々の暮らしも質素倹約。

 

家内も美容室に行くのが年に1回。

 

家族で出かける時も、お金のかからない公園や海辺。

 

 

当然仕事も必死になり、何とか3年で目標の500万を貯め、

 

小さなアパートを購入することが出来ました。

 

 

その後は、3年後に2棟め、4年後に3棟め4棟めと

 

比較的簡単に買い足す事が出来

 

それに連れて家賃収入も増えていきました。

 

 

 

振り返ってみれば、当時質素倹約を続けて自己資金を貯めた事が、

 

全てのスタートでした。

 

 

その癖が体に染みつけば、家賃収入が増えていっても

 

以前と変わらない生活レベルを続けれます。

 

 

何かの記事に、老後破産する人の一例に

 

{ お金を貯めずに浪費する癖がある人}と書いてありました。

 

 

「 自分の生活レベルを落としてまで、貯蓄して何になる 」と

 

自分の中で浪費すること、又は浪費していなくても

 

貯蓄が増えない事に対して、自己完結している人。

 

 

今が良ければそれでよし、と言う事なのでしょう。

 

アリとキリギリスで言うならキリギリスタイプの方。

 

 

私はいつもお客様に申し上げていることがあります。

 

「頑張って自己資金を貯めましょう」

 

 

なぜならば、アリになってコツコツ貯める方でなければ、たとえ運よく買えたとしても

 

家賃収入が増えた分、生活レベルが派手になるだけ。

 

いつまで経ってもお金は貯まりません。

 

気が付けばいい年になっています。

 

 

ゴールデンウイーク明けにしては、内容が厳しすぎでしょうか?

 

とにかく、生活設計をきちんと立て目標を達成するまでは贅沢を慎む。

 

達成してしまえば、コップから溢れてくる水だけは飲めます。

 

 

但し、いつもの事ですが、購入するアパート次第ですからくれぐれも。

 

 

ではこの辺で。

 

 

 

 

 

ブログ検索

2017年5月の記事

月別アーカイブ

アパート経営ならアイケンジャパン