アパート経営についての資料請求はこちら

2015年09月07日

挨拶の重要性

ある業者様より「アイケンさんは、社員さんの挨拶が気持ちいいですね」

 

と言って頂きました。

 

 

この件に付いては、私が今までこだわって来た事なのでとても嬉しいです。

 

 

最近はネット社会となり、プライベートでも勤務先でも、

 

挨拶や会話が減っているように思います。

 

声を出す機会が減ると、声も小さくなりがちです。

 

 

ですから、こういう時こそ会社として、積極的にこだわっていかなければなりません。

 

 

挨拶は、人間関係を円滑にするための潤滑油と言いますが

 

本当にその通りだと、続けていると分かります。

 

 

ここでは、お客様や、業者様に対しては当然の事ですから省かせて頂きます。

 

 

弊社は、社員同志でも、その都度挨拶を行う事にこだわります。

 

何故なら、お互いが心地よくなれるからです。

 

 

挨拶から、コミュニケーションも深まります。

 

挨拶から、お互いが前向きな気持ちになれます。

 

挨拶から、信頼関係の構築が始まり、

 

挨拶によって、喜びも分かち合えます。

 

 

面倒くさがらず、積極的に挨拶する事で

 

社員の笑顔が、断然増えます。

 

 

入社間もない社員から、ベテラン社員まで

 

例外なく全員参加型の習慣とする事で

 

一体感が生まれます。

 

 

たかが挨拶、されど挨拶なのです。

 

ではこの辺で。

 

2015年09月03日

株の怖さ

「20年間で紆余曲折の末、2000万程儲かりました」という広島の弊社オーナー。

 

 

「ですが、1年で換算すると100万円、1か月では、わずか8万円。

 

しかも朝から、画面に張り付いての事ですから、自給に換算すると

 

660円位にしかなっていなかったんですよ。

 

大損するかもしれないリスクを抱えてですから、割に合いません。」

 

 

 

「アイケンさんのアパートを購入して思うのは、

 

何も心配しなくて、何もかかわらなくて毎月8万円。

 

20年後返済が終われば、家賃下落を考慮しても20万円は堅いでしょ。

 

しかも、無借金の不動産が残っているから、大きなキャピタルを得る事も出来る」

 

 

 

と、以前話して頂きました。

 

 

今では、弊社アパートを7棟所有しています。

 

完全に、本業よりも収入が逆転し悠々自適の生活を送っておられます。

 

 

 

最近の株価乱高下を見ていて、ふと思い出しましたので、書かせて頂きました。

 

 

私個人は、株等は、一切やらないのでよく分かりませんが、

 

精神的に、よろしくない事だけは分かります。

 

 

 

アドバイスなどは出来ませんが、

 

別の、弊社オーナー様の話で

 

 

「何千万もの借金をしてまで株に投資し、地獄の淵を彷徨っていましたが

 

なんとか4000万円利益が出た時に、全て売り抜き

 

アパート経営に完全シフトしました。

 

今は、健康そのものです。本当に良かったです。」

 

 

というオーナー様は、弊社にて8棟所有しています。

 

 

唐突ですが、この辺で。

 

2015年08月30日

ちょっと一休み12

昨日から、年に2度の一泊旅行という事で、家族4人で来ています。

 

場所は近場の、佐賀県唐津市近郊で海辺の落ち着いた旅館です。

 

家族旅行と言っても、2人の子供も いい大人。

 

 

大学生の息子は、合宿中なので今回は不参加の為、私以外は皆女性。

 

それぞれ、社会人、高校生なので、

 

わいわいがやがや、と言う訳ではありませんが

 

女性3人が集まればそれなりに・・・・

 

久しぶりに、それぞれの近況報告で、盛り上がります。

 

 

私は、その光景を眺めながら、時にはボケを入れますが

 

失笑を買って、あえなく撃沈。

 

 

ですが、楽しいので懲りずに続けると、

 

家内よりハイハイとあしらわれる始末。

 

 

美味しい料理とお酒も手伝って、至福のひと時でした。

 

 

 

丁度今、午前10時。チェックアウトの時間です。

 

さあ、家に帰るとしましょう。

 

 

昼からは、広島オフィスへ立ち寄って、東京へ向かいます。

 

良いリフレッシュになりました。

 

 

 

ではこの辺で。

 

 

 

2015年08月25日

広島オフィス移転

お陰様で、弊社が広島オフィスを開設し、4周年を迎えました。

 

そこで、現在のオフィスから、移転する事になりました旨ご報告致します。

 

 

場所は、JR広島駅徒歩5分と近くなり、坪数も今迄の約倍の広さとなります。

 

移転オープン日は、8月31日月曜日からとなります。

 

 

スタッフ一同新たな気持ちで業務に従事し、より一層お客様のお役に立てるよう

 

精進してまいります。

 

 

何卒、倍旧のご指導ご鞭撻を賜ります様、よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

現在急ピッチで造作中ですが、少しだけお見せします。

 

 

 

 

 

 

是非、お近くの方はお気軽にお越し下さいませ。

 

社員一同心よりお待ちしております。

 

 

 

短いですが、今回はこの辺で。

2015年08月21日

戸建賃貸って?

先日、「投資用の戸建賃貸ってどう思いますか?」と質問されました。

 

 

「それは、弊社の商品ラインナップに無いので、

 

ダメと言うに決まってるじゃないですか。」

 

と、笑いながら冗談で盛り上がりました。

 

 

が、実は、本当にそう思うから、弊社は事業としていないのです。

 

これは、あくまでも私個人の考え方ですので、あしからず。

 

理由は幾つかありますので挙げてみます。

 

 

立地の問題

 

基本的に、戸建賃貸が、事業として成り立つエリアは、

 

土地代が、かなり安い郊外となります。

 

人口減少の現在に於いて、郊外型の賃貸経営が、永く続くとは思えません。

 

都心回帰が今後も続くと思うからです。

 

子供を持つ若い世代は、学校区の良さや近さ、交通機関の便利さを求めます。

 

シルバー層は持ち家か、そうでなければ都心に近く、

 

スーパーや病院、銀行等が近い所に住みます。

 

 

空き家対策措置法

 

先ごろ施工された、空き家対策措置法も気になります。

 

本当に古ければ、解体せざるを得ないでしょうが、

 

そうでなければ「貸そうか」となる方も

 

増えるのではないでしょうか。

 

何故なら、マイナンバー制度の導入などの絡みで、一元管理される様になるため

 

不動産の状況把握がスピードアップし、待ってくれなくなりそうだからです。

 

今迄は、空き家でも気にしていなかった、持家の所有者の方が、

 

ライバルとして現れそうです。

 

 

空室リスク

 

投資金額に対して、戸数が少ないのが気になります。

 

例えば4000万の投資で3棟購入したとしましょう。

 

もし、1棟でも空きが出ればいきなりマイナスか、良くてもトントン。

 

家賃を下げて成約すれば、残り2棟からも値下げ交渉にもなりかねません。

 

ご近所付き合いが基本だから、情報を共有します。

 

だからと言って、家は住まないと痛みが早くなります。

 

 

出口が見えない

 

古くなった戸建賃貸住宅を、しかも郊外で、

 

購入したいと考える方が、どれだけいるのか疑問です。

 

うまくいけば、住んでる方が直接買ってくれるかもしれませんが、

 

その可能性はどの程度なのでしょうか?

 

しかも今後は、空き家対策措置法の絡みで、

 

郊外の中古戸建住宅の売り物が、増えるのではないかと思います。

 

 

 

以上の様な状況を考えると、弊社では取り組めないとなります。

 

 

相続税対策や、土地活用案件等での検討であれば、例え上記の様な事になっても、

 

焦る必要は無いのかもしれませんが、

 

それでも慎重に検討される事をお勧めします。

 

 

又、全ての戸建て賃貸がダメと言ってる訳ではありません。

 

 

如何に、競争に勝てる、希少価値のある物件を購入する事が出来るか。

 

希少価値とは、例えば郊外でも、鉄道駅まで徒歩5分内で超人気の学校区内。

 

又は、都心に近く、周辺環境が素晴らしく充実しているスポット等。

 

 

 

これは、あくまでも私個人の考えですので、ご了承を。

 

ではこの辺で。

 

 

2015年08月18日

9周年

毎度、ブログをお読み頂きありがとうございます。

 

 

本日18日は、創立記念日でございます。

 

お陰様で、9周年を迎える事が出来ました。

 

 

これも偏に、お客様並びに各業者様方からの、ご指導ご鞭撻の賜物と感謝申し上げます。

 

誠にありがとうございます。

 

 

又、来る10周年に向けて、社員一同精進致しますので、

 

一層のご高配を賜ります様   何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

さて、この平成18年8月18日という創立記念日ですが、

 

見ての通り末広がりの8がらみの日。

 

 

たまたま、8月のお盆前後に法人登記を行う事になったので、

 

であれば8の絡む18日に決めようと、ただそれだけの事でしたが、

 

以外にも、この日付に皆様興味をお持ち頂くことが多く、

 

当初は、話のネタによく使わせてもらいました。

 

 

ですが、9年も経てば、だんだんとこの日がとても良い日、

 

特別な日に、感じ始めてます。

 

 

記念日として、大切にして参ります。

 

今後とも、アイケンジャパンをよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

今日は、お休み頂いてますので、社員旅行での家内との2ショット写真でした。

 

では、この辺で。

2015年08月11日

強み

先日、某調査会社の弊社担当のAさんと、お話しした時の事です。

 

「アイケンジャパンは、社員さんがストレスなく生き生き仕事してますよね」との事。

 

「特に、営業の方は皆さん楽しそうですね。そしてポジティブですよね」

 

と言って頂きました。

 

 

その方は、弊社担当になって、約2年経ちますから、内部の事までよく見えるそうです。

 

私はその理由を以下のように説明しました。

 

 

「そうですね。普通は営業と言えば、ノルマが大変とか、

 

売るためにゴリゴリ営業しなきゃいけなかったり、売りたくないものでも売らされたり、

 

時には、偽りの話で売ったりと、売り上げの為なら手段を択ばない

 

といったイメージが強いと思います。

 

でも、そういう仕事を長くやっていると、必ずストレスがたまり

 

本人が気づかないうちに、体のどこかが悪くなると思うんです。

 

営業マンといえども、人の子、良心が痛むうちに、心が病にかかったり

 

体調が悪くなったり、ひどい場合は寝込む様な事にもなりかねません。

 

その様な仕事のさせ方だと、一時的に売り上げは上がっても、社内が殺伐とし、

 

退職する人が増え、いつまで経っても落ち着きません。

 

いつの間にか、どんどん人が入れ替わるのが、社風となってしまいます。

 

 

弊社の場合は、営業は一切ノルマ等無く、

 

建設現場は、苦労しても本心から良いものを創り、自信あふれる商品、

 

嘘のない仕事をするように心がけていますので、

 

その為の土地仕入れや、現場がどんなに大変でも、ストレスは溜まりません。

 

一晩寝れば、取れる疲れです。ですから皆が生き生き楽しく仕事出来るんです。

 

心が元気なので、意地悪な人など1人もいません。

 

 

私は、商売の方法は、この2通りのどちらかだと思うんです。

 

売り上げにとことんこだわり、営業マンを酷使するか、

 

商品力にとことんこだわり、仕入等で苦労するか。

 

この違いが、社風となってAさんにも見えるのだと思います。」

 

 

するとAさんは、「見てれば分かります。おっしゃる通りだと思います。

 

でも、なかなかいないですよ。その様な考え方の経営者は。

 

何故なら、人件費が一番のコストですから、どうしても売り上げに拘りたくなります。

 

特に、不動産、建築業界ともなれば、なおさらです。

 

このアイケンジャパンさんの良さ、強みを大切にしていってください」

 

と励ましの言葉を頂きました。

 

 

実は、別の業者の方からも、以前同じ様な事をいわれた事があり、

 

この業界のイメージとでは、弊社が異質な存在に見えるほど、違うそうです。

 

であれば、なおさら{ 強み }を大切に育てていこうと考えています。

 

 

ではこの辺で。

 

 

2015年08月08日

賃貸フェアーでの感想

先日、東京での賃貸フェアーの応援に行って参りました。

 

さすがは、首都圏での開催という事で大盛況でした。

 

 

ベテラン大家さんから初心者の方、相続対策をお考えの方、等々。

 

何か、新しい発見がないものかと、すごい熱気を感じます。

 

 

私も会場を見学して回りましたが、来場者の中で、

 

一番多いなと感じたのが、空室に悩んでいる大家さん方。

 

 

2日間の間に、会場内の色んなブースにて、テーマ別のセミナーを幾つも開催しますが、

 

決まって立ち見が出るのは、空室対策に絡むセミナーです。

 

 

原因が、間取りや設備等と考える方は、リノベ関係やネット環境絡み等、

 

管理会社に問題が有ると思えば、管理ノウハウのセミナー等

 

皆さん、藁をもすがる思いなのだと感じます。

 

 

所有したものの、こんなはずではなかった、という事なのでしょう。

 

その様な方に、弊社の「新築アパートのご提案です」と呼び込んでみても

 

{それどころではない}という感じです。 無理もありません。

 

 

そんな中でも、空室に悩んでいないお客様は、

 

弊社のブースに興味を示して頂き大盛況でした。

 

 

何人かのお客様とは、弊社の取り組みや、こだわりに共感頂き

 

かなり前向きなご返事を頂きました。ありがとうございます。

 

 

ずっと、言い続けている事ですが、

 

{アパート経営は企画の段階で、如何に空かない部屋を創るか。}

 

これに付きます。後で慌てないためにも。

 

 

そういえば、ついでにご報告をさせて頂きます。

 

 

もう、弊社ニュースでご承知の方もいらっしゃるかと思いますが、

 

建物の上下間の防音性能を強化しました。

 

 

長い間の検討事項だったので、これで一層強くなります。

 

 

ではこの辺で。

 

 

 

 

 

 

2015年08月04日

ちょっと一休み11

私は、月に2~5回ほどゴルフをしていますが、

 

練習嫌いなので、全く上達致しません。

 

 

 

運動不足解消にと、始めたゴルフなのですが、

 

本当に走り回ってばかりなので、解消になります。

 

 

もっぱら、笑いながら楽しくするゴルフが好きなので、スコアはあまり気にしていません。

 

そのくせ、ミスすると一人前に、悔しがったりします。

 

 

 

 

先日曇り空の中、初めて行った佐賀県のゴルフ場がとても綺麗でしたので写真を1枚。

 

平日なら、食事付で8000円前後で回れます。

 

 

 

 

写真の右側の方に移っていますが、ショートホールの打ち下ろしで、

 

三日月型のグリーンの周りが池に囲まれバンカーが待ち受けています。

 

 

かなりのプレッシャーですが、なんとまぐれのワンオン。

 

 

次のホールは写真左に写っています。

 

両サイドからグリーン回りまで全て池に囲まれています。

 

2球ほど池ポチャでした。

 

 

 

面白かったので、また近々行きたいと思います。

 

短いですが、この辺で。

 

2015年07月31日

独立前後のエピソード(後)

 

という事で、独立する事になった私は、マンションの1室を借りました。

 

 

家賃は4万円、広さは14㎡約4帖ほど。

 

それでも、私にしてみれば家内と2人だけですから

 

充分の広さだったのです。

 

 

狭くても夢と希望に溢れ、パワーが漲り、

 

独立したからには、自分の理想のアパート創り、

 

理想の会社創りをしようと心に決め、がむしゃらに仕事しました。

 

 

何処へ行くのも走っていました。1分1秒が勿体無いのです。

 

汚い話ですが、トイレをしながら、電話をかけ、おにぎりをほおばる・・・。

 

とても人様には見せられない状況が続きました。

 

 

それから間もなく、元部下から電話が入ります。

 

「私も入れてください」と。

 

 

ですが、当時の私は、社員を入れて養えるほどの余裕どころか

 

自分の生活もままならない状況でしたので、「今は無理」

 

と、断りました。

 

 

「もし、仕事がうまく軌道に乗ればその時は考えよう、1年間待て」と、言葉を添えて。

 

 

万一、事業に失敗すれば路頭に迷わせてしまいますから・・・。

 

その電話以来、より一層必死に仕事をしました。

 

 

そして、独立から1年後、現在の広島、福岡両オフィスの責任者、2人が入社。

 

4人となったのです。

 

座る場所もないワンルームでしたが、わいわい楽しく仕事しました。

 

 

それから半年後、建設中だった小さな5階建てのマンションが完成。

 

本当は、テナントとして貸すはずだった1Fに引っ越しました。

 

 

広さも13坪と、今迄の3倍の広さとなり、現在の名古屋オフィスの責任者が入社。

 

有り難い事に、皆私に就いて来てくれました。

 

 

が、当時は、生易しいものではありませんでした。

 

 

今では、そこまでありませんが、超せっかち、超短気だった私は、

 

事務員には お茶の出し方が悪い、”いらっしゃいませ”の声が小さいだの、

 

営業マンには仕事が遅い,電話のとり方が遅い、態度が悪いだの

 

設計には、図面を描くスピードが遅い、土地に対しての配置が悪い、

 

全部1からやり直しだの・・・

 

 

とにかくピリピリしていました。よく皆辞めずに就いてきたものです。

 

 

その中でも、人一倍怒られたのが、現在の福岡オフィスの責任者です。

 

皆の、怒られ役になっていました。

 

 

可哀想なことをしましたが、今では 弊社幹部候補の中でも

 

一番若いのに、誰よりも懐が深く、自己犠牲の精神が自然に身についています。

 

 

そのような状況が、独立から4年は続いたと思います。

 

だんだんと皆が成長していくと共に、私のせっかちや、短気も影をひそめました。

 

 

 

今の弊社が有るのも、この頃に、全社員が志を高く持ち、踏ん張り、耐え、

 

そして楽しみながら、核となる社風等が、出来上がって行ったからだと実感しています。

 

 

本当に、自慢の社員たちです。

 

 

 

おっと、もう朝4時でした・・・。

 

では、この辺で。

 

ブログ検索

最新記事

月別アーカイブ

本のご紹介

アパート経営ならアイケンジャパン