CROSS TALK TALK03 女性社員座談会

THEME 1

アイケンジャパンに入社して驚いたことは?

女性社員3
長谷川

私が一番驚いたのは、社長との距離が近いところです。 全体朝礼やミーティング、02 会議と呼ばれる新入社員のみが参加する会議にも社長が参加し、社長の考えを直接聞くことができるので、会社の方向性を知ることができる機会が多いです。

女性社員4
渡部

私も社長との距離の近さは実感しています。私が所属する支店に出張でお越しになった際は、1 人 1 人に声をかけてくださることもあり、気遣って頂いていることを感じます。

女性社員2
荒巻

私は、社長が本当に何でもする方だと驚いたことがあります。 大きい展示会に出展した時、ブース準備中に社長が自ら周辺の掃除をされていました。 私が代わろうとしても「やるよ!やるよ!」と言ってくださったのがとても印象的でしたね。

女性社員1
橋本

あとは、社員の皆さんが優しいことにも驚きました。

女性社員4
渡部

本当に皆さん優しいですよね。思いやりをもって仕事に取り組めています。 支店内にムードメーカーもいて、仕事をしながらも笑いが絶えない環境です。

THEME 2

働きやすさを感じる瞬間は?

女性社員1
橋本

私は子どもがいるのですが、保育園から急に「熱が出たので迎えに来てください」と電話が掛かってくることがあります。すると、みんなが心配して「今から私にできることある?」とか「明日も体調悪そうだったら、有休使ってね!」と声をかけてくれるので、本当に有難いです。

女性社員2
荒巻

有休を使ってないとアラートが飛んでくる仕組みになっているのも良いですよね(笑)。

女性社員4
渡部

私も子どもの入学式や卒業式などのイベント時、有休が使いやすくて有難かったです。

女性社員2
荒巻

私は個人的に、新型コロナウイルスの流行が始まった時、在宅勤務への移行が早かったことが印象的でした。同居している母が高齢なので、私がウイルスを持ち込まないよう、感染対策にはより一層気を付けていましたが、在宅勤務ができる環境があることや周りのメンバーも気遣ってくれるのが嬉しかったですね。

女性社員1
橋本

残業に関しては、極力しないようにしよう!という風潮もあって「遅くても 19 時には帰ってくださいね」と上司から言われています。ワークライフバランスがしっかり取れていると感じます。

女性社員2
荒巻

私の部署では、メリハリをつけて働くことを大切にしています。繁忙期でも自分の仕事の進め方次第で比較的残業時間をコントロールできるので、プライベートの時間も大切にしながら、仕事に集中できています。基本的に残業はしたくないタイプで、帰れる時はすぐに帰宅しています。

THEME 3

社内の雰囲気はどんな感じ?

女性社員1
橋本

社内は本当に明るい雰囲気で、ノリが良い人が多いです。 「お疲れ様です!」や「行ってきます!」「行ってらっしゃい!」といった挨拶が飛び交うのですが、声がとにかく大きいです(笑)。社員同士の仲も良いので、役職関係なく仕事以外の話をしたり冗談を言ったりすることもあります。もちろん、業務中はしっかり集中してします。

女性社員2
荒巻

私の所属する部署も、上司とのコミュニケーションは取りやすく、とても良い雰囲気です。チームワークが取れているように感じますね。

女性社員4
渡部

私が所属する支店も、オフィスの雰囲気はとても良いです。一般的に不動産会社は、オフィス内がピリついているイメージがありましたが、アイケンジャパンは張り詰めた空気などはあまり感じません。どの支店も雰囲気が良いのは同じですね。

女性社員3
長谷川

社員同士が協力して仕事をすることも多いので、部署関係なく仕事を手伝うこともあります。例えば管理部が担当する仕事であっても、営業部と工務部のメンバーが手伝うなど、チームプレーがあって良いなと思います。

THEME 4

今後の目標は?

女性社員4
渡部

だんだん上の立場になってきたので、工務の仕事で他の部署に迷惑をかけないように、まずは工期を守っていくことです。あとは、新入社員の教育にも力を入れていきたいと思っています。

女性社員1
橋本

これからさらに女性社員が増えていくと思うので、私は女性が働きやすいような雰囲気作りに力を入れたいと思っています。あとは、悩みを抱えている社員がいれば、気付いてあげられるように、細かなコミュニケーションに気を配っていきたいです。

女性社員2
荒巻

私はデザインの仕事で、販促物や新たなツールを作成する際に、無駄な工数やコストがかかっている部分の細かなブラッシュアップを行っていきたいです。また経営企画室としては、SDGs の取り組みをさらに進めていきたいと思っています。自分より後に入社された方も増えてきましたが、いつでも初心を忘れずに仕事に取り組んでいきます。上司だけでなく部下からも沢山のことを吸収したいです。

女性社員3
長谷川

私は営業なので、とにかく結果を出すことです。目に見える成果を出していけるように頑張ります。