アパート経営のメリット・デメリット

新築アパート投資のメリット

新築アパート投資にはたくさんのメリットがあります。数多くあるアパート投資のメリットを整理しましょう。

  • ①収入を得ながら不動産を手に入れることができる
    投資用のアパートを購入した場合、借入の返済は家賃として得た収入の中から行うため持ち出し(自分の財布、家計からの支出)がありません。
    借り入れの返済をして余った家賃はそのままその月の収入となります。
    収入を得て同時にローン返済も進み、不動産が自分のものになります。
  • ②複数棟所有することで生活に十分な収入を得ることができる
    プラスの収入を得ることができるアパートを、複数棟所有することで、
    生活するのに十分な収人を得ることができます。何棟でそれが達成できるかは、その方の求める生活レベルによりますが、食べるに困らず、余暇もほどほどに楽しむことができるくらいの金額であれば、一棟当たり8世帯として、3-5棟の所有で得ることができるでしょう。
  • ③資産価値の上昇を期待できる
    不動産の価値は 比較的物価の上昇と連動するので 資産価値の上昇を期待することができます。例えばアパートの場合、建物は年月とともに古くなっていきますが、その価値も一緒に下がっていくとは限りません。満室が続く優秀なアパートならば家賃下落を抑止することも可能です。
  • ④「備え」をした状態で老後を迎えられる
    老後の資金をどうするかという問題は切実です。メディアでも多く取りあげられるようになりました。アパート購入・経営にはたしかにリスクがありますが、なんの手も打たずに不安を抱えたまま老後を迎えることと比較したら、その安心感と余裕には、天と地の差があります。
  • ⑤我が子に財産を残すことができる
    親になると我が子に何か残してあげたいと思うものです。購入したアパートは自分の子に財産として残すこともできますのでこの点も安心です。
  • ⑥毎日の生活は、始める前となんら変わらない
    管理業務を信頼できる会社に任せることができれば、アパート経営ほど気楽な事業はありません。
  • ⑦手に入れた土地を活用することができる
    ローンを完済し自分のものになった土地は、自由に活用できます。アパート経営を継続し、家賃収入を全額手にしてもよし。新築アパートに建て替えてもよし。ご自宅を新築してもよし。様々な活用方法が検討できます。

他にもアパート投資のメリットは挙げればきりがありません。それほど有効な投資だということです。

新築アパート経営のリスク

メリットの一方当然の如くデメリットがあります。リスクと聞くと敬遠される方が多いかもしれませんが、アパート経営に限って言えば想定されるリスクのほとんどは、努力や工夫次第でマネジメントが可能です。その一例を挙げましょう。

  • ①共用部の清掃不備
  • ②成約時のフリーレント及び多額の広告料
  • ③入居者の家賃滞納
  • ④管理会社の倒産
  • ⑤空室及び家賃下落
  • ⑥近隣の現況変化
  • ⑦自然災害や火災
  • ⑧本人の死亡
  • ⑨経年劣化によるメンテナンス
  • ⑩その他トラブル

大体が上記のような項目になります。①から⑥まで管理会社に関係するものです。不動産投資全般に言えることですが、管理に関することは非常に重要で、ここを疎かにすると、収益の減少、更にはマイナスへの転落が始まります。
また、⑦から⑩はどうしようもない部分もありますが、特に⑦から⑨は火災保険や団体信用生命保険加入によりカバーできます。

こう考えてみると、実はかなりの部分でリスクヘッジが可能だということがわかってきました。肝心なのは最初のパートナー選び、購入する物件選びだと言えるでしょう。

特にパートナー(管理会社)が、どれだけオーナー様の身になって考え、行動してくれるかが非常に重要となってきます。リスクはたくさんあるものの、最初からわかっていれば対策を打つことができます。

投資商品のほとんどはリスクがあります。確実なものは存在しません。投資を始めるには、博打性が低く、当初のキャッシュフローの再現確率の高い、新築アパート投資は選択肢としてかなり有力候補になりうるのではないでしょうか。