オーナー様の声

アイケンジャパンを選ばれたオーナーさまの声をお届けします。
オーナー
宮竹
×
代表取締役
中島 厚己

社長 じゃあ早速ですが不動産投資・アパート経営を始められたきっかけからお尋ねしたいのですが。

宮竹 きっかけはですね、まず、区分マンションですかね。

社長 区分マンション。

宮竹 はい。それを何室か所有をしていまして、やはりいい点もあり悪い点もありで。そういった部分を考えていたところ一棟物にたどり着きまして。その中から、いろんな業者さんを選定…じゃないですけど私なりに探していたところアイケンジャパンさんの名前を見つけさせて頂きました。で、コンタクトを取らせて頂いたのが初めてのきっかけです。

社長 なるほどですね。その、マンションを持とうと思ったきっかけはなんだったんでしょうか?何かこう、投資に興味があったんですか

宮竹 そうですね、実家の方で母親がアパートと一軒家を保有、祖父から受け継いだものにはなるんですけど。何となく仕組みというか、大まかにはわかってはいました。

社長 じゃあ、小さいころから不動産投資というものに親しんできていたと。

宮竹 そうですね。自分なりに余裕ができればやっていきたいなという想いはありました。

社長 なるほどですね。恵まれてますよね、その環境って(笑)

宮竹 まあ良い環境にいたのかなと。正直思います。

社長 実際、日本人って投資に対して変な抵抗を持っている人が多いんで。

宮竹 そうですね、まだやはりどちらかというと失敗を恐れて手が出ない、出したくても出せないという方が多いとは思いますね。やはりその、経験は私もそんなにないんですけど、小さいころから見てきたので。

社長 見てきたというのは大きいですよね。はい、よくわかりました。アパート業者にもいろんなメーカーがあるんですけど、当社を選んで頂いた理由をお尋ねできますか

宮竹 御社との契約の前に正直申し上げると、先に別の業者さんがありまして。

社長 あぁ、はい。

宮竹 名古屋に建てたんですけど。その際に、もう一棟を考えておりまして、その中で…まあ正直な話をさせてもらうんですけど。

社長 どうぞどうぞ。

宮竹 その業者の営業の方からアイケンジャパンさんのお名前を伺って初めて知りまして。

社長 あっ、その先方の業者さんから

宮竹 そうです。競合他社と言いますか、そこから名前が出るということはやはりかなり良い業者だと私の中では思いますので、私なりにHPや、色々と検索させて頂きました。その中で御社のメリット…質が良いアパートと場所選びと、管理がしっかりしているところに魅かれまして。私からコンタクトさせてもらいました。

社長 あっ、なるほど。ありがとうございます。当社を褒めてくれた会社があるなんて嬉しい限りです。

宮竹 はい、正直なところ申し上げますとそういうところが理由です。他の会社さんも何社か検討はしましたが、その中で言葉が悪いんですけど選定といいますか…私なりに選ばせて頂いて、御社が一番良いかなと思いました。

社長 ありがとうございます。まあ実際アパートのオーナーになった時の感想をお尋ねをしたいのですが

宮竹 御社の場合は、土地の選定の所から営業の森山さんと一緒に決めて、その後実際現場を見させて頂いたり、建築中も何回か私なりに足を運びました。そして、やはり完成したときの感動というか、まず外観を見たときと中に入ったとき。正直、信じられないというか。本当にこれが私のアパートなのかなというくらい信じられませんでした。質が良いといいますか。色々見てきた中で、本当に違うものだなと正直思いました。

社長 ありがとうございます。

宮竹 アパートはやはり、新築の場合は質が一番重要かなと。管理ももちろん重要だとは思うんですけどね。入居者さんは住みたいという直感というか、いい感想を持たれないと選んで頂けないと思うので。それに近いものが出来たのかなと。そこは非常に感動しました。

社長 アパート経営に対してどういったお考えを持ってらっしゃいますでしょうか。

宮竹 今後ももちろん増やせるものであれば増やしていきたいが、まずは所有しているものをしっかり管理を行い、今後は子供を含めた家族に何らかの形で残してあげたいなという考えを持ってます。

宮竹 子供は去年また生まれて、いま3人

社長 あっ、3人いらっしゃるんですか

宮竹 社長と同じですよね、あの、本を読ませて頂きまして。

社長 そうですね。大変ですよね、子育ては。

宮竹 下の子が5か月、真ん中が2歳、上が7歳で、まあ楽しい時ではあるんですけど。

社長 ということは、おひとりに一棟ずつは、ね。

宮竹 そうですね、持たせてあげたいなとは正直なところがありますね。

社長 じゃあ、お持ちなのは名古屋ですか全部

宮竹 名古屋で木造が1つ、新築で。で、千葉の方に御社ともう一つ。RCで大阪にひとつ。もう一つ鉄骨が葛飾区に。

社長 なんだ、いっぱい持ってらっしゃるんですね。

宮竹 そうですね、タイミングよく契約できたんです。ですが正直なところ申し上げますと、御社でもう一つ二つ行きたいなと。それだけ私の中で御社のアパートは気に入ってます。表面の利回りとか色んなところを見てもいいのが御社のアパートですね。あと、私も法人化してまして、そこでコンサル業者のサポートを頂いたり。税理士さんも入っていて、お世辞でもなんでもなく御社のアパートが一番評価が高かったです。なので、きっかけがあればもう一棟二棟行きたいんですけど、どうしても今、区分マンションを多く持ってしまっててそれが足を引っ張っているので、そこは今販売活動を行っています。

社長 区分を売られてからと?

宮竹 そうですね。区分もサブリースを外してうまく回っているものもあるのでそこはタイミングを見つつ、ということなんですけども。

社長 なるほど。

宮竹 またぜひ、お願いしたいですね。

社長 ありがとうございます。これから始めようと検討している方へ何かアドバイスがあればお願いします。

宮竹 やはり、一棟となるとかなり大きな金額にもなりますし、なかなかの勇気がいるというか。一歩足を踏み込むことができない。私も実際そうだったんです。そこはいろんな情報を自分なりに調べて、実際は自分で契約をするにしても、入居者さんからの家賃収入を頂戴した上でローンを返済していきますので、いいものが建てば、御社のアパートに関しては全く問題ないと私は思いましたので。場所も良いですし、管理もしっかりしているので。入居付も素晴らしいものがありますし。なのでその辺は心配なさらずに。前に進んで頂いていいのかなと思います。
最初は確かに怖いところはありましたけど、私は一歩進んで御社と契約出来てよかったと思っています。

社長 格差社会になる一方ですからね、持ってる人と持ってない人では十年二十年先にすごい差が付きますよね。

社長 最後に当社に期待すること、ご要望等あれば。

宮竹 やはり私なりのお願いではございますが、もう一棟二棟行きたいなというのはありますね。後は管理もしっかりしてますし、入居も入ってますので、その辺はしっかりやって頂けると私も信じてますから。

社長 ありがとうございます。今後とも宜しくお願い致します。