オーナー様の声

アイケンジャパンを選ばれたオーナーさまの声をお届けします。
愛知県在住オーナー
津田
×
代表取締役
中島 厚己

 津田 もう社長さんと出会ってから丸4年ですかね。

社長 もうそのくらいになりますかね。

津田 賃貸住宅フェアのときだから。あれからの出会いなんだよね。

社長 そうですね(笑)

津田 本当に不思議な縁でね

奥様 社長さんに会ってなかったらやってなかったですね。中古のアパートをやってたと思います。ずっと探してたから。

津田 アンテナを張ってたから、社長さんとの出会いが生まれたんだと思いますけどね。

奥様 新築なんか全然、高いし無理だと思ってました。だから中古の3,000~4,000万円くらいのを探してて。

津田 我々の経済レベルだと4,000から5,000万円を超えると気持ち的にきつかったね。免疫がないもんですからね。だけどもう2棟目の時なんか丸っきり平気なんですけどね。一番最初のこの5,000万円のハードルって高いんですよね。

奥様 でも社長さんの話を聞いて、ああ、それもありかなって意識がひゅっと変わって。

社長 ということは、きっかけは賃貸住宅フェアということですね。

津田 そうです。賃貸住宅フェアで、社長さんがビラを配ってるなんてまさか思わないでしょう(笑)もうぶっちゃけ最初は社長さんだなんて分からなかったです。

社長 私がチラシを配って、たまたま奥さんが前を通って、新築アパート興味ないですかっていったら、『いや、私は中古のアパートにしか興味がないから』と。ほらまた、話も聞かずそう決めつけてと私が言いましたもんね。

奥様 ごめんなさい私覚えてないです(笑)

社長 だからあの時ビラを受け取って頂いてなかったら今はなかったと。

奥様 ないですないです。

津田 だからやっぱり出会いなんだと。出会いが生まれるためには受け手の側もアンテナを高く張って、色んな情報収集していることが大事ですね。結果的に正しく引き寄せるんですよね。

社長 あの時、話を15分くらいしましたかね。そしたら…

奥様 聞いてみたいセミナーが控えてたんです。だから後で来るねと言って。旦那に話して、社長さんの話を聞いていたらすごく乗っちゃってね。

津田 直感的にいいと思ったんだけどね。あのとき思ったのはやはり金額ですね。びびっちゃって。でも確かあの時息子が帰ってきてたんで、とにかく息子に物件を見せに行ったんです。現物を見てくださいと言われて、息子が帰ってくるから見せてくださいとのことで。そしたら息子がこれがいいと。僕ここ住みたいと言ったんです。それくらいこの物件はいいと。その一言で勇気が出ました。

社長 なるほどなるほど。息子さんがタイミング良く帰ってきてくれてよかったです。

奥様 息子のここ住みたいなっていうのがなければ、もう少しぐずぐずしていたかもしれません。

津田 それで即、担当の人に買いますって言いました。

社長 当社以外は全然考えてなかったんですか。

津田 ネットでは見てましたけど。良いこともいっぱい書いてあったけど、何だか敷居が高いというか。ウソだろうというような。すごくいいことばかり書いてあったから。新築は本当に考えてなかった。家族の一押しというか、息子の一言が大きかった。やっぱり、住むのは息子の世代なんで。

社長 実際にウチのアパートのオーナーになった感想を聞かせてください。

津田 ホントに良かったの一言に尽きる。これはほんとに思いますよ。

社長 それは嬉しいですね

奥様 私からも言っていい?めっちゃラク。私たち中古も持ってるじゃないですか。管理も頼んではいるけれど結局私たちが動くことになってまして。頼んだらひどいことになったこともあるし。でもアイケンさんに関してはめっちゃラク。こんなにラクでいいの?と思う。申し訳ないくらいにラク。

津田 退去になっても2週間くらいで次の入居者が入ってますもんね。もう全部丸投げですよね。

社長 丸投げ。それでいいんですけどね。

津田 もっと大家が大家らしくしないといけないんでしょうけど。やらなくても十分やっていけますもんね。本当にありがたい。営業も管理の方も非常に気持ちの良い人ばっかりで。反応がすぐ帰ってくる。

津田 不動産業者の方と付き合いがあるからわかるけど、アイケンさんのスタッフは本当にいい。社長さんの社員教育が行き届いている。まず、レスポンスが早い。実は他社にもメール登録かなんかしてたんですよ。でもその後全然返答が来なかった。向こうが売りあぐねた物件があったんでしょうね、ようやく電話してきた。

奥様 だけど見に行かなかったもんね。

津田 行かなかった。対応が全く違う。実は一回、自宅のマンションまで来たんですよ。でも全然合わなかった。結局会社の都合で扱われていることがわかってしまって。

社長 そうでしたか。それで、アパート経営に対してどんな考えをお持ちですか。

津田 長期で、安定して、資金が確保できるというのが魅力ですよね。物件さえ間違わなければ。

社長 ま、物件さえ。というのはありますよね。

津田 空室期間が長いと不安ですもんね。それがアイケンさんの物件は1ヶ月も空いたことがない。新しいということもあるかもしれんけど。魅力的な物件ということだろうね。あと家賃の設定で言うと、高くしていないところ。

社長 そうですね。うちは新築プレミアム設定をしないので。

津田 だから余計入ってくれるのかなとも思いますけどね。この前空いた部屋は入れ替わりの時に1,000円くらい上げてもらったんじゃないかな。

社長 アイケンは結構それがあるんですよ。

津田 新築プレミアム設定もせず、おとり広告とかもなく堅実に入居付をしてもらって、情勢に合わせて家賃も適正に提案してくれる。実に良い対応だと思いますね。

社長 どうしてもプレミアム設定だと最初の利回りが良くなって、売る方は楽になるんですよ。でも買った方からするとプレミアムは最初だけだった、となりますからね。
次の質問ですが、セミナーのご参加はこれまでにありますか

津田 3回か4回くらいは。1年おきに行ってますね。岡山も行きましたね。

奥様 もう半分趣味ですからね。

津田 岡山はわたしの地元が愛媛ということもあって経由地なので、いい場所があったらと思っていて。そして今息子が福島にいるもんですから、その縁でしばらく東北にいるから今度は仙台も行きたい(笑)

奥様 仙台狙ってます。

社長 仙台良いですよ。

津田 息子がね、欲しがっているんですよ。でもなかなか何回かトライして。福岡もダメだったし。名古屋でもトライしているんですけど。先約が入ったって。

社長 すいません。

津田 でも、そうやって申し込みが入るということはちゃんといい土地を仕入れているっていうことだと思うんですよ。良い土地はみんな欲しがっているからそんなに表には出てこないですよね。

社長 そうですね。大体売り物がでたら一週間前後で売れていってますかね。

津田 すごいですよね。

社長 これからアパートを持とうという方に向けてアドバイス等ありましたら

津田 色んな本を読んだり、ネットで調べたりするのもいいんだけど、やっぱり成功者に話を聞くのが一番手っ取り早い。成功者に良い業者を紹介してもらうのが一番早い。結論的に言うと。

社長 なるほどですね

(中略)

津田 ただ我々教員などの公務員は慎重な人が多いから周りに勧めてもなかなか腰が重たいですね。せっかく公務員という属性があるなら使わないなんてもったいないんですけどね。私なんか軽いノリでやってしまうんですが、良かったと思いますよ。

奥様 社長さんから話を聞いた時もすぐこれいい、これいいって。逆に社長さんが現物を見てからにしましょうって(笑)

社長 逆に抑えた方ですもんね。ありがとうございます。最後に今後のアイケンジャパンに期待することがございましたら。

津田 地の利の良さとかで言うと、中古物件を買って、ゆくゆくはアイケンさんに建て替えてもらうとか。アイケンさんのオーナーがアパートを手放すようなことがもしあったら、まず最初に話を回してほしいなと。

社長 なるほどなるほど。しかし手放さないですもんねウチのオーナーさんは。

津田 あと、大家の横の繋がりがあれば。なんか食事会みたいのを定期的にやりたいですね。アイケン大家の会をね。コミュニケーションや情報交換の場があったらいいなと思います。

社長 いいですね!

津田 あとは属性の良い公務員の方は是非やってほしい。背中を押してあげたいと思いますね。

奥様 今ほんとに年金が少ない。生きてはいけるけどね。それだけじゃ旅行なんていけないですよ。アパートの収入もあるから気持ち的に余裕が生まれるんですよ。年金だけっていうのは本当に厳しい。

津田 公務員とはいえ不動産投資できるんだから、4棟9室まではやっていいんだから。退職間際でもいいし50歳でも40歳からでも1棟でも買っておけばいいと思う。この旨みはぜひ味わってほしいですね。

社長 なるほど。

津田 これは本を読んだだけじゃわからない、毎月入ってくる通帳を見てみないと(笑) そして自分で確定申告をして初めて良さがわかる。そんな話をする場が欲しいですね。

社長 どんどんそれで格差が広がっていきますよね。前向きに考えます。今日はありがとうございました。