オーナー様の声

アイケンジャパンを選ばれたオーナーさまの声をお届けします。
福岡県在住オーナー
初田
×
代表取締役
中島 厚己

 

社長 本日は宜しくお願いいたします。不動産投資を始めるきっかけからお伺いできますでしょうか。

初田 きっかけは二人の子の学費を確保するためでした。二人とも中学校から大学まで私立の学校に通い、さらにそれぞれ親元を離れ、学費や生活費の仕送りが随分とかかりましたので、実際に家賃収入が備えになりました。最初に購入したのは他社の物件でしたが、実際にアパート経営を始めてみて、入居者様に快適な部屋を提供するということにやりがいや魅力を感じたのが、更にアパートを買い足していった理由です。

社長 なるほどですね。それで数あるアパート業者様の中から当社を選んでいただいた理由はどんなところにあったのでしょうか。

初田 簡潔に申し上げると、中島社長との出会いがあったからです。会社に伺ったり、セミナーに参加して社長さんと何度もお会いしてきましたが、最初の印象としては、実直で信頼できる方だと思いました。アイケンジャパンさんとのお付き合いはかれこれ8年ほどになりますね。

社長 本当にありがとうございます。

初田 どの業者、どの営業マンを信用すればいいのかと迷った時に、中島社長が見込んで採用した営業マンだから信用しようと思ってアイケンジャパンさんにしました。というのも、他の不動産業者を信用して購入した最初のアパートが、結果としてあまりいい利回りが出なかったんですよ。

社長 新築の時は良くても、年数が経つと計算が狂ってくるということはよくあるんじゃないかなと思いますね。

初田 入居者様が変わるたびに家賃が下がっていくことをその時に経験しましたので、次はそういうことがないようにと思いました。次こそは業者さんを厳しい目で見て決めようと色々と行動して、アイケンジャパンさんの物件に辿り着きました。そのときに紹介された物件も駅から徒歩10分圏内の好立地でした。

社長 ありがとうございます。ちなみに現在、当社のアパートを何棟お持ちでしたでしょうか。

初田 7棟になります。アイケンさん以外のアパートも含めると10棟。

社長 10棟ですか。いやあ、本当にすごいですよね。

初田 他社さんのアパートも含めて持つと、いろんな特徴がわかってくる気がしますね。トータルで考えて、一番いいのはアイケンジャパンさんかなと思います。

奥様 本当にクオリティ高いですよ。でなかったら7棟も購入してないでしょうし。

社長 ありがとうございます。そう言っていただけると嬉しいです。

社長 初めてアパートのオーナーになられた際、どのような感想を持たれましたか。

初田 あまり変わらないなと。それまでの会社員としての生活となんら変わらない。しっかりした管理会社さんが付いていれば、会社員とアパートオーナーの二つを並行してやっていけるんだと思いました。自分がやることと言えば、年に一度の確定申告だけ。

社長 空室さえ出なければ苦労ありませんよね。逆に空室が続いてしまうと、精神的に結構苦しくなりますから。毎月の通帳チェック、年一回の確定申告と、たまに管理会社から来る電話やメールにご対応いただければ十分やっていけると私も思います。

初田 私は主にメールで管理上のやり取りをしているのですが、入退去のタイミングで、次の募集条件や原状回復の費用について担当者と決めていきます。10棟ともなると結構大変ですが(笑) 夜にまとめてメールの返信をするようにしています。ただ、負担には感じませんね。あと、確定申告のために毎日のお金の流れを把握して会計ソフトで仕訳をするという作業がありますが、それに集中できるのは管理会社さんが入居の部屋付けや、日々の入居者様対応を行っていただいているおかげですね。

社長 ありがとうございます。

 

社長 アパート経営についてどのようなお考えをお持ちでしょうか。

初田 短期的な視点から、売却してキャピタルゲインを得るという考え方もありますが、長期的に所有してインカムゲインを得ていくのが私には合っていると思います。アパート経営が好きだという気持ちと、二人の子に資産や土地を残してあげたいという気持ちが私の場合は強いですから。ですので、所有している土地の価値が上がっていて、今なら高く売れますよ、などといった情報も聞くのですが、売却する気にはならないです。減価償却で節税効果も期待できるというメリットもありますし。

社長 毎月安定してチャリンチャリンとお金が入ってくる旨みを覚えてしまうと、そんな気にはならないですよね。売却したら一旦まとまったお金は入るかもしれないけど、それ以降は毎月の家賃が入ってこなくなると考えたら、何かもったいない気持ちになりますよね。

 

社長 セミナーのご感想はいかがでしょうか。何回もご参加頂いてますので、もう飽き飽きしていますか(笑)

初田 そんなことはないですよ。担当営業の方とよりよい関係を作るのが一番ですから。

社長 ありがとうございます。実際には何回ご参加いただきましたか?

初田 これまでに4回参加しました。参加できるときにセミナーに参加するからこそ、水面下の情報が得やすくなるといいますか。そういった点はありますよね。アイケンジャパンさんのホームページからオーナー専用ページにログインすると新着販売物件が更新されていますが、そこにアップされる前の情報が手に入ることもありますから貴重な機会です。

奥様 熊本の物件に関してもいい情報をすぐ教えて頂きましたし、またお願いします。次は広島で買えるといいですね。

社長 世間的には嫁ブロックというものがあって、奥様の反対でアパート経営を諦める方もいらっしゃるのですが。初田様はどうでしたか。

初田 私の工夫としては、抵抗感をなくすために徐々に引き込んでいくようにしました。具体的には妻の好きな色合いをアパートに取り入れてもらうとか。一緒に参加してる感じを出したりして。

社長 なるほど、それはいいですね。しかしそこに辿り着くまでには、奥様の『買っていいよ』という一声があったと思います。1棟目の購入の際に、そのハードルはどのように越えたのでしょうか。

奥様 主人との共通の目的として学費対策があったからですね。やっぱり子供二人が中学から大学までずっと私立なものですから、それに備えるという意味で、1棟目の時は私としてもあまり抵抗を感じませんでした。3棟目くらいになってくると、学費のことを考えるともう十分だし、もう増やさなくてもいいんじゃないと思いましたが。私はそのくらいのときに抵抗感がありました。4棟目のときには、ため息というか諦めの境地です(笑) ただ、6棟目あたりになると私の方が積極的になってましたけどね。

社長 そうなんですね。その積極的になられた時のことを是非お聞きしたいです。どのような心境の変化があったんでしょうか?

奥様 とあるエリアでアパートを一棟購入したあとに、同じエリアで別の販売物件が出てきたんです。欲しいけど資金がないねと主人と悩んでいたときに、たまたま私の親の遺産相続がありまして。その使い道について二人で十分に話し合いをした結果、このお金を次のアパート購入資金に充てましょうとなってからは私も積極的になりました。親が遺してくれた大事なお金を使うわけですから。

初田 中島社長、そこに辿り着くまでに長い道のりがあったんですよ。例えば、検討物件の現地確認には妻を連れて、ついでに一緒に外食をするようにしたり。

社長 ご主人のそういう努力もあったということですね(笑)

奥様 主人も一旦決めたらもう譲らない性格ですから(笑)

社長 奥様は今はもう抵抗ないですか?

奥様 全然ないです(笑)。

初田 子どもに残すという目的を公言していますからね。自分たちの為には使ってませんから。

社長 今後アパート経営を始めようかなと考えている方へアドバイスがございましたらお願いします。

初田 自分にあった管理会社を見つけて、その管理会社の物件を購入し続けることかな。

社長 それはアイケンジャパンということですかね(笑)

初田 もちろんそうです。でも購入し続けるということは意外と難しいんですよ。特に融資の面ですが。

社長 そうですよね。何かコツみたいなものはありますか。

初田 銀行の担当者とは密にコミュニケーションを取るようにしています。例えば、銀行担当者さんから資料提出を依頼されたらすぐにお渡しするようにしたり。担当の方から連絡があったら、夜中でもすぐ行きます。銀行の夜間通用口から中に案内されたりして。夜の七時くらいですかね。

奥様 それは夜中って言わない(笑) あまり遅い時間になると、逆に担当者の方が家に来てくれたりもします。

社長 まさに阿吽の呼吸ですね。そこまで来ると信頼関係バッチリでしょうね。

 

社長 今後のアイケンジャパンに対して、ご要望などございましたら何なりと。

奥様 要望ですか。今まで通りこだわってやっていただければ(笑)

初田 そうですね。これまで紹介して頂いた物件が非常に良かったので、これからもいい立地の物件をご紹介いただけると嬉しいです。

社長 かしこまりました。これからも宜しくお願いいたします。本日はありがとうございました。

初田、奥様 ありがとうございました。

資料請求 ご相談・お問い合わせ