アイケンジャパン

株式会社アイケンジャパン

中島厚己と
堅実な仲間たち

Atsumi Nakashima and solid friends.

株式会社アイケンジャパン 代表取締役社長 中島 厚己

2016年10月11日 中島 厚己

サブリースに惑わされない

先日は、東京にてセミナーを開催いたしました。

 

ご来場下さいましたお客様、誠にありがとうございました。

 

 

アパート経営は初めてという方が多く、弊社の話を聞いて

 

「いろんなセミナーに出席してますが、一番安心できると感じました。」

 

とのお言葉を頂き、とてもありがたく、セミナーを開催した甲斐がありました。

 

今後とも末永くよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

と言う事で、今回は、お客様からサブリースについての話題が出ましたので少々。

 

 

ようやく、サブリースについて、土地持ちの、お施主様への説明義務が課されました。

 

それにしても、抜け道だらけの法整備としか言いようがありませんが・・・。

 

 

私は、15年以上前の前職時代からお客様や金融機関に対し、

 

ずっと言い続けて来たことがあります。

 

 

「共同住宅を企画する時に、サブリースを提案しなければならない時点で、

 

既に失敗している。

 

{ 入居者が入らないのは分かっています。、その代わりに家賃を借り上げるので、

 

どうか建ててください。と言っているようなものでしょう。}と。

 

そして、サブリースなのだから建設費用が少々高くても文句は無いですよね。

 

金融機関さんも、サブリースが条件での融資と言われていますから。」と。

 

 

大手企業のサブリース案件の建設費は、かなりの高額。

 

補てんの意味もあるのでしょうか?

 

 

又、金融機関もサブリースが条件と言われれば、

 

お施主様も誤解して安心するのでしょう。

 

 

「金融機関さんもサブリースを条件と提示してくださった。

 

その道のプロが言うのだから間違いないでしょう。」と。

 

 

その結果、ニュースや新聞を賑わす、ご承知のような有様です。

 

 

私の考えは、サブリース等に惑わされなくとも、堅実なアパート経営を

 

実行でき、成功を掴んでいただくアパート経営のご提案です。

 

 

事実、弊社にてサブリースを選択されたオーナー様は1人のみ。

 

その物件も当然満室経営にて、既に10年経過しようとしております。

 

 

入居率が99パーセント以上を維持しておりますので、皆さま安心安定の

 

アパート経営を実践しておられます。

 

 

その成功のために、弊社では考えられる全ての事にこだわります。

 

簡単なことではありません、大変なことも多々あります。

 

 

それでも、こつこつと、地道に継続して頑張れるのは、喜んでもらえるお客様の笑顔、

 

それから、その仕事に携わっている事に、誇りを感じる弊社社員の笑顔。

 

益々、頑張らなければと、やる気が漲るのです。

 

 

ではこの辺で。

 

 

入居率99%以上の高い実績 土地がなくてもできる! アパート経営という賢い選択 アイケンジャパンは安定した収入・資産形成ができる『アパート経営』をご提案します

最新記事

投稿者

月別アーカイブ

資料請求 ご相談・お問い合わせ