株式会社アイケンジャパン 代表取締役社長

中島 厚己オフィシャルブログ

Atsumi Nakashima official blog

株式会社アイケンジャパン 代表取締役社長 中島 厚己

2018年08月16日

心洗

 

毎日猛暑が続いておりますが、皆さま体調は如何でしょうか。

 

水分補給と睡眠を十分にとり、我慢せずエアコンをつけて

 

涼しい環境の元お過ごしいただき、残暑を乗り切って下さいませ。

 

 

 

という事で、今回は山口県周防大島町で2歳の藤本理稀君が

 

無事発見保護された件について、少々。

 

 

皆様ニュース等でご存知でしょうから、詳細は省きますが

 

御親族の事を考えると、本当に救われた気持ちになります。

 

 

中でも、私が今回お話ししたいのは、ボランティアの男性。

 

尾畠春夫さんという人物の事でございます。

 

 

彼のことを知れば知るほど、心洗われると共に、

 

尊敬の念に駆られます。

 

 

まず、何よりも年齢が78歳という事。普通なら介護されていても

 

おかしくない年齢です。

 

 

その様な彼が、軽自動車で単身大分からニュースを知って

 

直ぐに駆け付けたそうですが、お盆休みにも係わらず

 

人の命より重たいものはないからと、

 

即行動に移せる身軽さと奉仕の精神には頭が下がります。

 

 

 

それから65歳で鮮魚店を辞めてから、それまでの恩返しにと

 

ボランティア活動を始めた経緯も素晴らしく、

 

 

また、活動費はご自分の国民年金だけという事実。

 

リュックサックが破れていましたが、

 

「 まだ38年しか使っていません 」 

 

というコメントにもしびれました。

 

 

ボランティアは現地でも自己完結すること。

 

従って、御親族からお風呂を勧められても断ったそうです。

 

普通ならお言葉に甘えても、不思議ではありません。

 

 

過去にも大分で2歳の女の子を探した経験が、小さい子は

 

上に登るという知識が今回の発見に繋がったとの事。

 

 

今までに沢山の被災地に出向き、長年活動しているので

 

ボランティア仲間からは、師匠と慕われているそうですが

 

納得させられます。

 

 

 

 

最近では、既得権益にしがみつく真逆のニュースが

 

多かっただけに、久しぶりに心洗われた気がしました。

 

 

尾畠さんは、「 食べるものは最低の物でも、ボランティア活動は

 

続ける 」とおっしゃっていましたが、

 

稲盛先生の ”足るを知る” と言う言葉が頭をよぎりつつ

 

感動を覚え尊敬の念を抱きます。

 

 

ある意味で、いろいろと考える良い機会を

 

尾畠さんが我々に与え、投げかけてくれているのかもしれません。

 

 

 

ではこの辺で。

資料請求はこちら

ブログ検索

最新記事

月別アーカイブ

資料請求 ご相談・お問い合わせ