アイケンジャパン

アパート経営入門
2024.03.07| アイケンジャパン編集部 PV数 208

神奈川県でアパート経営は成功する?おすすめの理由と注意点を徹底解説

神奈川県でアパート経営は成功する?おすすめの理由と注意点を徹底解説

神奈川は東京に隣接している事で都心へのアクセスが良く、どの地域においても交通網が非常に良いためアパート経営では人気のエリアとなっています。

しかし、アパート経営には注意点もあります。

この記事では、神奈川県でのアパート経営をおすすめする理由や注意点について説明していきます。

神奈川県でアパート経営がおすすめな理由

全国2位の人口

神奈川県は人口900万人と全国で東京の次の人口数を誇っています。

また、人口増加率に関しても少子高齢化などの背景があるにも関わらず、増加を維持できている県で、アパート経営において重要な人口が増えている(維持している)という点でメリットがあります。

大学や専門学校が多い

神奈川県は大学や専門学校が多く、学生向けのアパートの需要が非常に高いエリアです。
特に横浜市内は、国内外から多くの学生が集まります。

このような環境の中でアパート経営を行うことで、安定的な収益を期待できます。

また、大学や専門学校周辺には、学生向けの飲食店やコンビニエンスストアなどが多数存在しているため、学生の生活に必要な施設が揃っている点も魅力的です。

これらの施設は、学生たちにとって欠かせないものであり、アパート経営においても、周辺環境が整っていることは非常に重要なポイントと言えます。

交通アクセスの良さ

神奈川県は交通アクセスが非常に良く、東京都心へのアクセスも容易で、学生だけでなく、社会人や家族層にもアパートの需要が高いです。

そのため、アパート経営をする際には、入居者からの需要が非常に高く、賃料も比較的高めに設定することができます。

さらに、大学や専門学校の他にも、神奈川県には多くの企業や研究機関が集積しており、人口の流入が絶え間ないため、アパート経営は安定的な収益を得ることができます。

観光客の増加

神奈川県は、多彩な観光スポットを誇る地域として、国内外から多くの観光客が訪れます。
中でも、横浜市内は、歴史的な中華街や、美しい海岸線、ファッションの発信地としても知られる港町など、魅力的な観光スポットが満載です。

そんな横浜市内で、外国人観光客が特に多いのが、中華街や赤レンガ倉庫です。
多くの外国人観光客が訪れることから、観光地の労働者向けのアパートも需要が高まっています。

この需要は、今後も高まり続けると予想され、アパート経営に挑戦するのに絶好のタイミングといえるでしょう。

注意点

地価の高さ

神奈川県は、首都圏に位置し、自然豊かな海岸線や山々に囲まれたエリアであり、交通アクセスが良く、魅力的な観光スポットも多く存在するため、多くの人々から人気が高い土地です。
しかし、その人気により地価の相場は高めです。(それでも東京に比べると安くなります)

そのため土地の購入コストはかかる可能性がありますが、その分、投資価値が高く、将来的な資産価値も高くなる可能性があります。

競合の存在

神奈川県は、多くの人が住みたいと思う人気エリアであるため、競合物件も多いことがあります。
特にアパート経営においては、他の物件と差別化することが重要となります。

例えば、安定的に住んでくれそうな一人暮らしの20〜30代、働き世代の場合、以下のような要素が重要になってきます。

まず、仕事場所から近い、または通勤がスムーズなエリアが好まれます。
神奈川県は交通アクセスが良いため、鉄道やバスなどの公共交通機関を利用して、都心やその他の地域にスムーズに移動することができます。

そのため、通勤や通学に便利な場所に立地するアパートが魅力的となります。

次に、夜遅くまで利用できるコンビニやスーパーマーケットが近くにあることが重要です。

神奈川県は人口密度が高く、生活に必要な施設が多数存在します。
特に、24時間営業のコンビニやスーパーが近くにあると、入居者の生活の利便性が高くなります。

管理やメンテナンスの必要性

アパート経営においては、入居者対応や管理・メンテナンスが欠かせません。

そのため、アパート経営を始める前には、管理やメンテナンスの方法をしっかりと確立し、入居者に快適な住環境を提供できるように努めることが必要です。

メンテナンス面においては、建物や設備の状態を定期的にチェックし、必要に応じて修繕や改修を行うことが求められます。
建物の老朽化や設備の故障が放置されたままになると、入居者の不満やトラブルの原因になります。

そのため、定期的な点検や修繕により、建物や設備の状態を維持することが重要です。

物件力

アパート経営をするうえで、立地と同じくらい重要なポイントは物件力です。
アパート経営の最大のリスクである空室リスクは物件力によって大きく左右されます。

間取りやデザイン性、設備、防音対策、地震対策、セキュリティ対策などすべてが入居者のニーズを満たしている物件でアパート経営をすることが重要です。

アパート経営におすすめのエリア

アパート経営において、エリア選定は非常に重要な要素となります。
なぜなら、エリアによって需要や家賃の相場が異なるため、選定に失敗すると投資効率が低くなってしまう可能性があるからです。

エリア選定は、需要と家賃相場を正確に把握し、運営コストや収益の見込みを計算して慎重に決定する必要があります。

また、エリア選定は将来の需要予測も含めて行うことが望ましく、長期的な視野で検討することが重要です。

以下は、神奈川県でアパート経営をする際の、おすすめのエリアとそれぞれの強みです。

横浜市

  1. 神奈川県で最も人口の多い都市で、人口は 370 万人を超える。
  2. 交通インフラが整備されており、アパート経営に最適な立地。
  3. 安定した人口増加を経験しており、将来の賃貸物件の需要の良い兆候。

川崎市

  1. 神奈川県で横浜市の次に人口の多い都市で、人口は 150 万人を超える。
  2. 主要な産業の中心地であり、多くの大企業の本拠地
  3. 交通網が整備され、住民にとって便利な場所となっている。
  4. 人口密度が高く、賃貸物件の需要が常にある。

相模原市

  1. 神奈川県で 3 番目に人口の多い都市で、人口は 70 万人を超える。
  2. 県西部に位置し、丹沢山地や相模川など自然豊かな街
  3. 40歳未満の人口比率が高く、比較的若い層が多いため、賃貸物件の需要が高い。

藤沢市

  1. 神奈川県南部の海岸沿いに位置し、人口は 42 万人を超える。
  2. 美しいビーチで知られており、特に夏季には人気の観光地。
  3. 東京やその他の地域の主要都市との接続が良好であり、アパート管理の魅力的な場所。

まとめ

以上のように、神奈川県でのアパート経営には、多くのメリットがありますが、同時に地価の高さや競合物件が多いなどの注意点もあります。

しかし、交通アクセスが良いため社会人や学生の需要が高いことなど、需要面においては非常に魅力的なエリアであることは間違いありません。

アパート経営に興味のある方は、これらのポイントを抑えて、神奈川県でのアパート経営に挑戦してみてはいかがでしょうか。

アイケンジャパン東京本社では、神奈川の特徴や賃貸需要を熟知したスタッフが、一定の基準をクリアした立地のみご提案いたします。
神奈川でのアパート経営にご興味のある方は、ぜひアイケンジャパンへお気軽にご連絡ください。

東京本社情報:https://aikenjapan.jp/outline/office/tokyo/

関連記事