アイケンジャパン

アパート経営入門
2024.03.04| アイケンジャパン編集部 PV数 233

東京都でのアパート経営の魅力と注意点

東京都でのアパート経営の魅力と注意点

東京都でアパート経営を行うことに魅力を感じる人も多いでしょう。

しかし、アパート経営には注意点もあります。
この記事では、東京都でのアパート経営におすすめのエリアの説明や、東京都でアパート経営をする際の魅力と注意点について解説します。

東京都の人口増加傾向

ご存知の通り、現在の日本は少子高齢化が進みつづけています。

総務省のデータによると、人口減少に加え、その減少幅もこの10年ほど連続で拡大しているという状況にあります。
人口減はそのまま空室リスクというアパート経営に最も大きなリスクにつながる要因です。

しかし、東京都に関してはここ30年近く人口が増加し続けています
2022年10月1日現在の住民基本台帳によると、人口総数は約1404万人で、2015年11月1日と比較すると約51万人も増加しています

この人口増加には、若い世代や単身者、外国人の需要が高まっていることが一因と考えられます。
特に、生産年齢人口(15〜64歳)は907万人で、人口総数に占める割合は65%です。

また、若い世代には東京での就職や進学の機会が多く、単身者には仕事や趣味などでの活動の場が充実していることが魅力的であるため、東京への移住が増えています。
同時に、東京都は日本でも有数の国際都市であり、多様な文化や経済的機会があることから、外国人の需要も高まっています。

高い需要

東京都の住宅需要は非常に高く、賃貸住宅の需要も常に高い状態が続いています。
特に若者や単身者が多く住む都市部では、小規模なアパートの需要も高まっています。

そのため、東京都でのアパート経営は、安定した収益を期待することができます。

東京都でのアパート経営におすすめの地域

中野区・杉並区

広いターゲット層

中野区と杉並区は、都心から少し離れた落ち着いたエリアであり、家賃が比較的安価なことから、学生や若い働き盛りの人たちに人気があります。

また、子育て支援や公園が充実しているため、ファミリー層にも適しています。
これにより、アパート経営を行う際に、幅広いターゲット層から入居者を確保しやすくなります。

賃貸需要の高さ

中野区・杉並区は、都心へのアクセスが比較的良好であり、通勤や通学に便利な場所として賃貸需要が高いです。

アパート経営では立地はとても重要なポイントになります。

中野区・杉並区は、落ち着いた雰囲気と豊かな自然が魅力であり、今後も住みやすいエリアとして需要が高まることが予想されます。

渋谷区

貸需要の高さ

渋谷区は、交通の利便性が高く、都心部へのアクセスが良好です。

そのため、通勤や通学に便利な場所として人気があり、アパートやマンションの賃貸需要が高いエリアとなっています。

物件の価値向上

渋谷区は、都市開発が進んでおり、今後も発展が期待されるエリアです。
これにより、アパート経営を行う物件の価値が向上し、投資価値が高まる可能性があります。

池袋・目白・板橋エリア

広いターゲット層

池袋は都心部に位置しながらも、家賃が比較的手頃であることから、学生や若い働き盛りの人たちに人気です。

一方、目白と板橋は閑静な住宅街でありながら、池袋へのアクセスが良好であるため、ファミリー層にも人気があります。

このように、幅広いターゲット層にアピールできるエリアであるため、アパート経営を行う際に入居者の確保が容易になります。

賃貸需要の高さ

池袋・目白・板橋エリアは、都心へのアクセスが良好であり、通勤や通学に便利な場所として人気があります。

高まる再開発需要

池袋は、都心部に位置するため今後の再開発が期待されており、アパート経営を行う物件の価値向上が見込まれます
また、目白・板橋エリアも、交通アクセスの良さから、今後さらなる発展が期待されるエリアです。

これらのエリアは、アパート経営においてそれぞれ独自の強みを持っていますが、最終的には投資目的や予算、リスク許容度などを考慮して、適切なエリアを選定することが重要です。

また、専門家と相談し、最新の市場動向や経済情勢を把握することも、成功するアパート経営において大切なポイントです。

投資物件選びや運営に関する知識を身に付け、計画的に進めることで、より良い結果を得ることができるでしょう。

東京都でのアパート経営の注意点

地価の高さ

東京都は人口が非常に多く、土地の希少性や需要の高さから、地価が非常に高い地域として知られています。

ただし、地価が高い分、アパートの家賃収入も高く期待できることから、多くの不動産投資家が東京都でのアパート経営に取り組んでいます。

特に、需要の高い地域にアパートを建設することで、入居率が高くなり、家賃収入の増加につながることが期待されます。

このように、東京都でのアパート経営には多くの資金が必要となるものの、高い家賃収入が期待できるというメリットがあります。
投資家にとっては、リスクを考慮した上で、市場の需要と供給バランスを見極めて、適切なアパート経営戦略を構築することが重要です。

競合の激化

東京都は、不動産市場が非常に活況であるため、多くの不動産会社や個人投資家が参入している競合の激しい市場です。
そのため、アパート経営で成功するためには、他の物件との差別化や質の高いサービス提供が必要となります。

例えば、物件の立地や設備、家賃の設定、管理体制、入居者へのサービス提供など、多岐にわたる要素があります。
物件の立地においては、近隣の施設や交通アクセスの便利さなどが重要なポイントとなります。

設備については、最新の設備や便利なサービスを提供することで、入居者からの評価が高まることがあります。

また、適切な家賃設定が必要となるため、事前の市場調査や計画が欠かせません。
市場調査を行い、地域の家賃相場や需要の高い物件タイプなどを分析することで、適切な家賃設定ができます。

また、入居者の退去や修繕費用などに備えた管理体制を整えることも重要です。

物件力

アパート経営をするうえで、立地と同じくらい重要なポイントは物件力です。
いくら立地が良いからといって良い物件でなければ入居が決まらず、空室になってしまいます。

良い物件というのは間取りやデザイン性、設備、防音対策、地震対策、セキュリティ対策などすべてが入居者のニーズを満たしている物件です。
アパート経営の最大のリスクである空室リスクは物件力によって大きく左右されます。

入居者ニーズを満たした物件でアパート経営をすることが重要です。

まとめ

東京都でのアパート経営は、賃貸需要が高く、高い家賃収入や長期的な収益性が期待できる魅力的な投資先です。

しかし、地価の高さや競合の激化、法令や規制などの注意点もあるため、事前に市場調査や計画をしっかりと行い、専門家のアドバイスを仰いで、慎重に考えて行動することが成功の鍵となります。

アイケンジャパン東京本社では、東京の特徴や賃貸需要を熟知したスタッフが、一定の基準をクリアした立地のみご提案いたします。

東京でのアパート経営にご興味のある方は、ぜひアイケンジャパンへお気軽にご連絡ください。

東京本社情報:https://aikenjapan.jp/outline/office/tokyo/

関連記事