アイケンジャパン

アパート経営入門
2021.12.24| アイケンジャパン編集部 PV数 916

名古屋(愛知)でアパート経営を始める6つの理由

名古屋(愛知)でアパート経営を始める6つの理由

不動産投資として新築アパート経営を成功させるために、留意すべき点はいくつかありますがその最たる例は、アパート経営を始める物件のロケーションです。

どんなに良い物件であってもロケーションが悪いと失敗する可能性が高くなります。

物件を建てる前に、地域の特性をしっかり把握することで成功にグッと近づけることができます。

今回はこれから再開発で更なる発展が見込まれ県内外の投資家注目の「名古屋」についてご紹介していきます。

 

日本最大級の産業・ものづくり都市

トヨタに代表される自動車産業など、製造業の拠点が多く雇用が安定していることは名古屋の大きな特徴です。

ものづくりが盛んな地域として今後も産業都市としての活躍が期待できます。

製造業に従事されている方々が多いため、建物のつくりには厳しい目を持っているこだわりの強い方が多いという印象です。

雇用が安定しており工場は郊外いたるところにあるため、賃貸住宅としてのアパートのニーズは他の地域と比べても高いです。

 

交通機関が発展している名古屋

名古屋市内の網の目のように張り巡らされた地下鉄は、1日あたりの乗車人数は約100万人です。

中部地方最大のターミナル駅である名古屋駅では地下鉄以外にも新幹線・JR東海線・名鉄・近鉄・バスと県内・県外への交通網が整備されています。

製造業の拠点が郊外など、至るところにありますが交通機関が発展していますので、移動は比較的容易です。

そのため『職場は市外だが、生活の場所は便利な市内が良い』という需要が高く、地下鉄沿線やJR・名鉄沿線の駅徒歩10分圏内の物件は人気があります。

豊かな交通網を駆使し、名古屋での生活をエンジョイする単身者が多いという特徴も、賃貸アパート経営にはメリットとして作用しています。

 

2027年にリニア中央新幹線開通で高い経済効果

2027年に名古屋-東京間を開通予定のリニア中央新幹線の開業に向けた準備が着々と進行中です。

現在JR名古屋駅周辺の再開発が、急ピッチで進んでおり、名古屋駅に通じる沿線の土地に人気が集まることが予想されます。

リニア中央新幹線を利用すると東京-名古屋間が40分、2045年に名古屋-大阪間が開通すれば名古屋-大阪間が27分と現在より所要時間が1/2以下となります。

都市間の移動がしやすくなり、利便性が高まることで、都内勤務・名古屋在住というケースも生まれてくると考えられます。

移動の所用時間が約半分まで短縮されることで見込まれる経済効果は10兆円以上といわれており、県外の投資家も名古屋が持つ高いポテンシャルに注目して損はなさそうです。

 

安定した人口推移

政令指定都市の中で人口増加率は第5位。(「総務省統計局」より。)

名古屋は日本でも有数の製造業の街なので、県外へ出て仕事を探す人が少ないことと、働き口が多いため近隣県からの流入が多いことで人口増が続いております。

また東京や大阪にアクセスしやすいため、外国人旅行者からも人気で、街に活気があり、不動産賃貸経営に向いているといえます。

 

安定した所得

愛知県の平均年収は544.8万円で、全国3位となっており中部地方ではダントツの1位。(「賃金構造基本統計調査」より。)

製造業に従事されている会社員の方々が多く、特に30代で年収800万前後の方が多い印象があります。

また市内には多くの大学病院があり医療従事者が数多くいらっしゃいます。そのため弊社の物件には医療従事者が数多く入居されております。

所得が安定していることからアパートの家賃滞納のリスクを抑えることができるでしょう。

 

名古屋の2大タウン

1)名古屋を代表するビジネス街「名駅エリア」

中部地方最大のターミナル駅である「名古屋駅」周辺の「名駅エリア」。

リニア中央新幹線の開業に向けた準備が着々と進行中で、これまで地下鉄栄駅エリアの賑わいに及ばなかったJR名古屋駅の再開発が急ピッチで進んでおります。

駅前には超高層ビルが立ち並び、大企業のオフィスや百貨店などの商業施設も集中しております。

その影響から地下鉄東山線の沿線と自転車で名古屋駅にアクセス可能な中村区エリアも注目です。

これまで家賃が安いエリアとして知られていましたが、今後一層人気が高まるのではないでしょうか。

2)名古屋市最大の繁華街「栄エリア」

名古屋市の最も大きな繁華街といえば、地下鉄栄駅を中心に、久屋大通や矢場町などへ広がる「栄(さかえ)エリア」。

高級家具店など続々と出店、また百貨店や大型ショッピング施設が多く建ち並び、特に若者が集まる名古屋の流行発信地として発展を続けています。

住居を探す際に「栄に出やすい場所」でお考えになる方が多い傾向です。

 

まとめ

名古屋は製造業の街で雇用が安定しているため、将来的な家賃下落リスクが少ない地域です。

またリニア中央新幹線開通にともない再開発で人口増加も見込まれます。

将来の資産形成に長期的な展望が開ける街で、アパート経営をご検討いただいても良いかもしれません。

まずは名古屋エリアの事情に詳しい不動産投資のパートナーを見つけて、相談からはじめてみてはいかがでしょうか。

 

アイケンジャパンHP:https://aikenjapan.jp/
名古屋支店情報:https://aikenjapan.jp/outline/office/hiroshima/
資料請求:https://aikenjapan.jp/document/form/
お問い合わせ:https://aikenjapan.jp/contactus/customer/

 

関連記事